明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

親子時間を楽しもう! 明光Hobby Times:Vol.3 はじめてみよう ランニング!

カテゴリー:生活&サポート

明光Hobby Times

明光Hobby Timesは親子で楽しめるさまざまな「Hobby」を紹介していくコーナーです。親子時間をより豊かに過ごすことで、お子さんとのコミュニケーションを深めていただけると嬉しいです。

親子時間を楽しもう! 明光Hobby Times:Vol.3 はじめてみよう ランニング!

ダイスケナオミ

第3回のテーマは「ランニング」。数年前から一大ブームとなっているランニング。健康維持や体力づくり、美容のために、はじめてみたいと考えている方も多いのでは?
今回は、日本ランニング協会代表理事の小林渉さんのアドバイスを参考にしながら、今年の春から一緒にランニングをしている中学生の桃ちゃんとお母さんの挑戦を紹介します。

はじめてみたら、いいこといっぱい。親子でランニングをする理由

桃ちゃんとお母さんが一緒にランニングをするようになったのは今年の春。もともとランニングの経験があったお母さんが2月ごろに再チャレンジをする姿を見て、桃ちゃんも一緒に走ることにしたそうです。

一緒にランニングをするようになったのは今年の春

桃ちゃん「体力をつけて学校のマラソン大会でちゃんと走れるようにランニングを始めました。走るのは辛いけど、楽しいです」

お母さん「ランニングは楽しむことが目標。週1回は夕方二人でおしゃべりをしながら走っています。走り終わると身体がすっきりして、家事や仕事もスムーズに始められるようになりました。会話の機会が増えたことも良かったです」

二人は月1回地域のマラソン大会に出場しています。今回は小林渉さんのアドバイスを実践しながら参加してもらいました。

走る前にはしっかりストレッチ

走る前にはしっかりストレッチ

走る前には必ずストレッチをします。身体をしっかり温めて「普段」の状態から「動く」状態に身体を準備するためです。普段の生活では使わないような、関節の可動域を広げるストレッチをするとケガをしにくくなります。

身体を前に倒すイメージで走ってみる

身体を前に倒すイメージで走ってみる

走るときは足を前に出すというよりも、身体を前に倒して体重移動をさせるイメージで進みます。前かがみになると、支えるために足が勝手に前に出てくるためです。足が身体の重心より前に出ると動きが止まってしまうので、重心は常に前にくるよう心がけながら走りました。

辛くなったら歩いて呼吸を整える

辛くなったら歩いて呼吸を整える

辛くなったら、スピードを落とすか歩いて呼吸を整え、回復してから再び走ります。繰り返すことで体力がつき、少しずつに走れる距離が伸びてきます。
「もう少し頑張ってみたい」というときは息を「吐く」ことを意識します。息を吐くと、気圧の差で勝手に新しい空気が入ってきます。

走った後にもストレッチ

走った後にもストレッチ

走った後は身体を「普段」の状態に戻すためにストレッチをします。ゆっくり呼吸を整えながら、使った筋肉をしっかり伸ばして疲労物質を流します。内容は走る前と同じで大丈夫。

この日は3kmのコースを走った二人。コツを掴んだことでいつもよりも少しラクに走ることができたようです。

桃ちゃん「目標は5km走れるようになること。練習を積み重ねて頑張りたいです」

お母さん「お互いを気遣いながら走りました。コツを掴んだことでより楽しめたと思います」

取材当日は中間テストの前日だったという桃ちゃんですが、走ることでリフレッシュができたそう。適度に身体を動かすことは勉強にも役立ちそうですね。
これからも楽しんで親子ランニングを続けてくださいね。

ランニングを始める人へのワンポイントアドバイス

これからランニングを始めたいという人にむけて、小林さんから2つのアドバイスをいただきました。

■ シューズは少し大きめを

ランニングシューズは1.0cm程度つま先に余裕があるサイズがおすすめです。まずは軽さよりも、クッション性の高さや、アーチ(土踏まず)がしっかりサポートされる靴を選ぶと良いでしょう。

■ 水分は少しずつ摂取しよう

水分は一度にたくさん摂るのではなく、少しずつでも常に口に含んでいる状態にする方がよく吸収できます。

ランニングを始めてもなかなか続かない、目標ができない、という方は桃ちゃんとお母さんのように地域の大会に出場すると良いかもしれません。全国のランニング大会の開催日時を調べられるサイトなどを使って、親子で参加してみてはいかがでしょうか。

▽ランネット
http://runnet.jp/runtes/

取材協力

小林 渉

小林 渉
一般社団法人日本ランニング協会 代表理事
株式会社クロスブレイス 代表取締役

中央大学在学中に箱根駅伝に出場。4年時にはユニバーシアード、イタリア大会に日本代表として10,000mに出場。卒業後は本田技研、日産自動車で10年間実業団選手としてニューイヤー駅伝などで活躍。引退後はランニングの普及に努めるほか、アスリートのマネジメント、ランニングイベントの企画・運営に携わる。

ダイスケ

明光HobbyTimesでは、関東近郊にお住まいの小学生・中学生のお子さんを対象に、親子で出演していただける方を募集しています。下記のアドレスまでメールをいただければ、詳細をお知らせいたします。ご応募、お待ちしております!

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!