明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

少しのコツで集中力アップ!子どもの正しい姿勢&歩き方

カテゴリー:生活&サポート

少しのコツで集中力アップ!子どもの正しい姿勢&歩き方

ナオミ

保護者のみなさんからみて、お子さんの姿勢で気になるところはありますか?成長期のお子さんの姿勢は、見た目だけでなく勉強への集中力やこれからの筋肉のつき方にも影響を与えます。

今回は、メイコミュ読者の中学生の親子に協力してもらい、美しい姿勢や歩き方について気功カイロ施術院の高田祐希先生に教わってきました。

その1. 正しい立ち方・歩き方

まず、高田先生に教わるのは正しい立ち方と歩き方です。まずはお子さんに今の若い人達が陥りがちな悪い姿勢をやってもらいました。

■悪い立ち方
悪い立ち方
  1. スマートフォンやゲームのやり過ぎで前かがみ
  2. 姿勢が悪いため、足の内側の筋力が育たずガニ股に

高田祐希先生

気功カイロ施術院 高田祐希先生のアドバイス

正しい姿勢のために意識するポイントは頭の位置。人間はとても重い頭を、首の骨と筋肉だけで支えています。この重い頭を、しっかり首の骨と筋肉の上にのせてあげることが大事です。胸を張ると姿勢がよくなった気がしてしまいますが、大切なのは頭の重心をしっかりと首の後ろ側に持っていくことなんです。

■正しい立ち方
正しい立ち方
  1. 頭を首の骨の上にのせて重心をまっすぐに
  2. ひざを前に向けるように意識する

今度はこの姿勢から歩いてみましょう。きれいな歩き方のコツも教えてもらいます。

高田祐希先生

気功カイロ施術院 高田祐希先生のアドバイス

歩くときも、重心を体の後ろにもって行きましょう。手はおしりの横をスライドさせるように振ると、自然に足が出てくるはずですよ。この足を地面に描いた一直線に並べるようなイメージで置いていきましょう。これを大げさにやるとモデルさんの歩き方になりますね。
歩き方のクセは靴底を見ると一番わかります。減っている方の足をチェックして、自分で左右のバランスを意識しながら歩くようにすると良いですよ。

 手はおしりの横をスライドさせるように振る  手はおしりの横をスライドさせるように振る 

正しい歩き方と悪い歩き方

かっこいい歩き方に、思わず先生から拍手があがりました。

その2. 集中力を高める座り方

次は集中力を高める座り方を教えてもらいます。学校にいる大半の時間、お子さんはイスに座っています。塾や家庭での学習、ソファでテレビを見ている時間などを含めると、座っている姿勢にも当然気をつけたほうがいいことはわかりますよね。

■最近の子どもに多い悪い姿勢
最近の子どもに多い悪い姿勢
  1. 背もたれに寄りかかる
  2. イスに浅く座る
  3. 足を投げ出す
■正しい姿勢
正しい姿勢
  1. 背すじを伸ばす
  2. イスに深く腰かける
  3. ①・②ができていれば自然と垂直に

高田祐希先生

気功カイロ施術院 高田祐希先生のアドバイス

同じ座り方を維持する筋力がつけば、テスト中や勉強中の疲れを軽減でき、結果的に集中力を高めることができますよ。基本となるのは、おしりを背もたれの深いところまでしっかりと入れることです。また、スマートフォンを見ているときなどは首が下に向きがちで、頭の重みが負担となります。できるだけ高い位置でスマートフォンや携帯ゲーム機を持つようにしましょう。
常にこの姿勢は難しいかもしれませんが、気がついたときに意識するだけでも全然違いますよ!

骨盤がしっかりと頭から背骨にかけてのラインを支えることによって、身体がとても安定します。
この姿勢を心掛けることで、勉強のスタイルがワンランクアップしそうです!

その3. 姿勢&歩き方のための体操

高田先生から、きれいな姿勢や歩き方をつくり出すための簡単な体操を2つ教えてもらいました。
勉強の息抜きや、夜寝る前などにぜひ親子で実践してみてください!

1. 踏み出す運動

 

足を軽くひらいて立つ
足を軽くひらいて立つ

  

できるだけ遠くに踏み出す
できるだけ遠くに踏み出す

 

高田祐希先生

気功カイロ施術院 高田祐希先生のアドバイス

足のくるぶしをつけた状態で、足を軽くひらいて立ちます。そして、できるだけ遠くまで踏み出し、体をまっすぐに保ったまま元の姿勢に戻ります。この運動を両足続けることで、股関節の柔軟性を高めることができます。歩くための筋肉だけでなく、ケガをしない体作りにも役立ちますよ。

2. 足をあげる運動

 

膝を90°に曲げ、外側にひらく
膝を90°に曲げ、外側にひらく

  

右足・左足交互にくりかえす
右足・左足交互にくりかえす

 

高田祐希先生

気功カイロ施術院 高田祐希先生のアドバイス

右足と左足を交互に、真横にあげる運動です。膝を90°に曲げながら、横にあげること意識してください。
これを繰り返すことで、良い姿勢を支えるための足の筋力をつけることができますよ。

番外編 お母さんのためのハイヒール講座

脚をきれいに見せるためのハイヒールの歩き方に、お母さんがチャレンジしました。

 お母さんのためのハイヒール講座  お母さんのためのハイヒール講座 

高田祐希先生

気功カイロ施術院 高田祐希先生のアドバイス

ハイヒールできれいに歩くためのポイントは、足全体を地面と平行に下ろしながら歩くことです。また、地面から上げるときは、お腹に力をいれて体全体で上げるようにするときれいに見えますよ。また、足の内側に力を入れることで、姿勢が安定します。
ハイヒールできれいに歩くための筋肉をつけることは、良い姿勢や美しい歩き方にもつながります。時々は足下をドレスアップして、きれいな自分にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お子さんの感想

  • ふだんは姿勢のことをあまり意識せずに生活していたので、これからは気をつけようと思う!
  • 鏡の前できれいな姿勢や歩き方を試すことで、かっこいい自分を感じた!
  • 正しい姿勢や歩き方を身につければ、良いことがいっぱいあることが分かった。これからも続けたい!
ナオミ

ナオミ

姿勢や歩き方を自分の子どもに教えることってあまりありませんよね。今回、プロの先生に教えてもらったことで、改めて姿勢の大切さを知ることができました。
私も娘と一緒に、高田さんに教えていただいた体操にチャレンジしてみようと思います。
高田さん、ご協力ありがとうございました!


メイコミュでは、取材に協力していただける親子を募集しています。お住まいの地域・お子さまの年齡を記載のうえ、下記のアドレスまでメールをいただければ、メイコミュスタッフより詳細をお知らせいたします。
ご応募、お待ちしております!
info@meiko-community.jp

高田祐希(たかだゆき)

PROFILE

高田祐希(たかだゆき)

気功カイロ施術院・代表。
カイロプラクター、姿勢教育指導士、テーピング認定トレーナー、医学気功整体師を始め数々の資格を持つ。東洋医学と西洋医学の理論を合わせた気功カイロ施術院を開設している。

▽気功カイロ施術院
http://kikoukairo.com/

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!