明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

メイコミュクッキング:いつもと違うお鍋にチャレンジ!『絶品!ワンタン鍋』

カテゴリー:生活&サポート

メイコミュクッキング

メイコミュクッキング:いつもと違うお鍋にチャレンジ!『絶品!ワンタン鍋』

ダイスケナオミ

メイコミュクッキングは、MEIKO保護者のみなさんのお役に立てるレシピを、ナビゲーターのダイスケとナオミが料理研究家の先生に教えてもらうコーナーです。

冬の定番料理といったらお鍋。暖まって野菜もたっぷりとれますよね。でも、続いてしまうと飽きないようにバリエーションを作るのが大変。

そこで、手間をかけずに、お子さんが喜ぶ『絶品!ワンタン鍋』のレシピを、料理研究家の伯母(うば)直美先生に聞いてきました。

絶品!ワンタン鍋

材料 4人分

絶品!ワンタン鍋 材料
絶品!ワンタン鍋 材料
豚ひき肉 100g
れんこん(みじん切り) 50g
長ねぎ(みじん切り)大さじ2
A小さじ1/2
大さじ1
ワンタンの皮 1袋(30枚入)
水菜、小松菜、白菜など適量
人参、大根(スライス)各100g
椎茸、しめじなど100g
Bがらスープ大さじ3
大さじ2
適量
800ml

作り方

  1. 1.ビニール袋に豚ひき肉、みじん切りにしたれんこんと長ねぎ、材料 A の調味料を入れてよくこねる。

    みじん切りにした長ねぎみじん切りにしたれんこん白っぽくなるまでこねましょう
    白っぽくなるまでこねましょう。

伯母 直美先生

料理研究家 伯母先生

まずはワンタンを作っていきましょう。ビニール袋に材料を入れるところがポイントです。このとき、薄いビニールではなく、厚手の保存袋を使うとこねりやすいですよ。
ビニールごしで混ぜるので、手を汚さなくて済みますし、洗い物もでないので楽ですね。れんこんのみじん切りは、すりおろしたものを使うともちもち感が出ますので、お好みによって使い分けてくださいね。また、ホタテ缶や乾燥エビなどの手頃な海鮮食材を使うと、ちょっと豪華な海鮮ワンタンになります。また、刻んだショウガを混ぜると大人の味になりますよ。

ナオミ
ナオミ:
ビニール袋で、手を汚さずに作れるのはとてもありがたいですね!忙しい時の料理は、少しでも手間を減らしたいので助かるアイデアだわ。
ダイスケ
ダイスケ:
ショウガを入れると、暖まりそうでいいですね。入れる具材で色々と工夫できそうで楽しいです。
  1. 2.ワンタンの皮を並べ、【1】の袋の端をハサミで切り取り、少量ずつワンタンに絞りだす。

     袋の端をハサミで切り取る。  少量ずつワンタンに絞りだす。 

伯母 直美先生

料理研究家 伯母先生

材料を混ぜたビニール袋を利用して、ワンタンの皮に具をのせていきましょう。具の量はお好みですが、せっかくおうちで作るのですから、お店では味わえない具材たっぷりのワンタンが楽しいかもしれません。子どもたちでも簡単にできるので、お手伝いしてもらうのもいいですね。

ナオミ
具材を混ぜるのに使ったビニール袋を、チューブのようにして使うのね!これなら手も汚さないし衛生的だわ。子どもたちにも安心して調理をまかせることができるわね。
  1. 3.三角にワンタンを折りたたみ両手で押さえて口を閉じる。

     三角形に折りたたんだワンタン  両端を押さえる  両端を押さえる  最後に横をちょっとだけ押さえる。 

伯母 直美先生

料理研究家 伯母先生

三角形に折りたたんだワンタンの両端を押さえ、最後に横をちょっとだけ押さえましょう。あまり細かい形にはこだわらず、どんどん折っていきましょうね。皮が乾いてしまうと味が落ちてしまうので、手早く作るのがポイントですよ。

ダイスケ
小さい皮でやるから、指先だけで簡単に折ることができますね。
ナオミ
子どもたちと一緒に作るときは、楽しく盛りあがりそうね。
ダイスケ
このワンタン、工夫次第でいろいろな料理にも応用できそうですね。
ナオミ
例えばちょっとした中華スープとか、いつものメニューに一品追加するときにも役に立ちそうね!
  1. 4.人参と大根はピーラー(皮むき器)で薄くスライスする。キノコは食べやすい大きさに切り、白菜、水菜、小松菜はひと口大に切る。

     人参と大根はピーラー(皮むき器)で薄くスライスする  人参と大根はピーラー(皮むき器)で薄くスライスする  白菜、水菜、小松菜はひと口大に切る  白菜、水菜、小松菜はひと口大に切る 

伯母 直美先生

料理研究家 伯母先生

野菜を切るときは、繊維の方向に対して直角に切ると、おだしが染みこみやすくなります。また、大根やにんじんにはピーラーを使うと便利ですよ。簡単に薄く切れるので、お鍋の具にぴったりです。お子さんもとっても食べやすいですよね。

ダイスケ
白菜は大きめに切ると食感が楽しめますよね!
ナオミ
ピーラーは積極的に使っていきたいわね。この薄さならニンジンが苦手なうちの子もきっと大丈夫だわ。
ダイスケ
季節の野菜を取り入れると、より栄養価の高いお鍋になりますね。
ナオミ
いろいろな野菜を楽しめるのもお鍋の魅力よね。
  1. 5.鍋に B の調味料を沸かし、お野菜を入れ、ワンタンをひとつずつ鍋に入れたら、ひと煮立ちさせて完成!

    ひと煮立ちさせて完成!

伯母 直美先生

料理研究家 伯母先生

顆粒だしで味をつけているので、そのまま食べても充分に美味しいですよ。もちろん、ポン酢やごまだれなどをお好みでつけるのもおすすめ。ご飯のおかずだと、ポン酢が美味しいかもしれませんね。ご家族でワンタン鍋を楽しんで、冬を乗り切りましょう!

ダイスケ
ワンタン、とっても美味しいですね!お肉の味が口の中に広がってとても幸せな気分になります。
ナオミ
本当ね!お肉の切り落としを使わなくても、満足感があるわ。
ダイスケ
お野菜もダシが染みこんでいて美味しいですね。ポン酢でいただくと、甘みが際立ちます。
ナオミ
自分で作ったワンタンなら、子どもたちも楽しく食べられますね。お鍋だけじゃなくて、スープやラーメンなど色々と応用ができそう。我が家の定番レパートリーに追加決定ね。
ダイスケ
伯母先生、素敵なお鍋のレシピをありがとうございました!
ナオミ
みなさんもぜひ、試してみてくださいね!

講師紹介

伯母 直美

■旬菜料理家 管理栄養士 エコ・クッキングナビゲーター
東京家政学院大学 卒業
エコール辻・東京 日本料理カレッジ卒業

■お野菜の収穫体験ができる料理教室「暮らしのRecipe」主宰。企業向けレシピ開発、「食の見分け方」講座、雑誌Webなどでも活躍中。

■著書『毎日おいしい旬菜うどん』(東京書店)

■ホームページ http://www.naomi-uba.com/

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!