明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

あなたのお子さんは大丈夫?頭皮や髪の悩みを一挙解決!毛髪診断士に聞く正しい髪の洗い方

カテゴリー:生活&サポート

あなたのお子さんは大丈夫?頭皮や髪の悩みを一挙解決!毛髪診断士に聞く正しい髪の洗い方

ナオミ

頭皮の痒みやフケ、脱毛など、人それぞれに色々な悩みがある頭皮や髪。もしかしたら洗い方やシャンプーの選び方一つで解決できるかもしれません。お子さんのいるご家庭でありがちな髪や頭皮にまつわるお悩みを、毛髪診断士®の沖島美雪さんにお答えいただきました。

その1.  家族と同じシャンプーを使っても大丈夫?

  • Q1. 家族全員同じシャンプーを使っています。私には合っているようなのですが、夫はベトつきが残り、子どもたちは頭皮が乾燥してしまうようです。どうしたら良いでしょうか?

    シャンプーは家族で共有せず、それぞれの体質にあったものを選びましょう


ひと昔前まではシャンプーの種類が少なく、家族みんなで同じシャンプーを使うケースが多くありました。しかし現在はシャンプーの種類が劇的に増えており、それぞれの体質・目的にあったシャンプー選びが大切です。
例えば、お父さんのシャンプー。個人差はありますが、大多数の男性は加齢とともに皮脂分泌が増えるため、洗浄力が強いものを使うと良いでしょう。メントール入りのものを使うとよりすっきり感が感じられます。
一方で、お子さんが使うシャンプーは、大人ほど皮脂分泌が多くないので、洗浄力がマイルドなものが良いでしょう。「しっとり」「さらさら」「マイルド」といったワードが使われている商品が良いと思います。

ベタつきが気になるときは、頭の皮脂が落としきれていないこともあります。特に洗い残しが多い、耳の後ろの部分がよく洗えているか確認してみてください。

洗い残しが多いのはこの部分
洗い残しが多いのはこの部分

頭皮が乾燥している状態のときは、頭皮を強くこすり洗いしていたり、1日に何度も洗っていたり、洗浄力が強すぎる可能性があります。洗髪は1日1回、できれば新陳代謝が高まる夜寝る前にすると良いでしょう。

※体質によってかゆみやフケ、赤みが出ることがあります。必要な場合は皮膚科を受診しましょう。

その2. 子どものフケ対策

  • Q2. 最近、中学生の子どものフケが多くて大変です。どうしたら良いでしょうか?

    シャンプーや洗い方を見直し、それでも治らなければ病院へ


まずは、シャンプーをマイルドなタイプに変えてみましょう。洗浄力の強いシャンプーを使うのは逆効果。皮脂の分泌をより促してしまったり、地肌を乾燥させてフケが出やすくなったりするので、洗浄力のマイルドなものに変えてみましょう。
あとは、ツバキ油など天然油を地肌になじませ、フケを浮き上がらせてから洗ったり、フケ取りシャンプーや、医薬部外品のシャンプーなども有効です。

また、指の先を立てて頭をこすると、爪が地肌にあたり、傷をつける原因になります。洗髪するときは必ず指の腹を使い、ボールを持つように指を広げて優しく洗いましょう。

 手をしっかり広げて、指の腹(指紋のあるところ)全体を使う  ボールを持つ要領で頭全体を軽くつかみ、手首を動かして洗う 
手をしっかり広げて、指の腹(指紋のあるところ)全体を使う(左)
ボールを持つ要領で頭全体を軽くつかみ、手首を動かして洗う(右)

上記を試しても症状が改善しない場合は、皮膚科を受診してみましょう。

その3. 子どもの髪の毛が抜けてきたときはどうする?

  • Q3. 小学校高学年の娘の髪が抜けてきました……

    毎日同じ位置で髪を結んでいませんか?


子どもに脱毛が起こる原因はいろいろありますが、なかでも女の子に多いのは毎日同じ箇所で髪を結ぶことで起きる「けん引性脱毛症」があります。同じ箇所が強く引っ張られ続けることで髪に負担がかかり、脱毛します。お子さんは髪が大人より細いため、とくに髪が抜けやすい傾向にあります。ヘアスタイルのバリエーションを増やし、毎日同じ場所が引っ張られ続けないようにしましょう。

その他、考えられる主な原因

  • トリコチロマニア…欲求不満やストレスが原因となり、自分で髪を抜いてしまう症状です。
  • 頭部疥癬(かいせん)…真菌に感染することで起こります。
  • タンパク質不足…無理なダイエットをすると、タンパク質が不足して脱毛が起こることがあります。
  • 円形脱毛症…毛を形成する毛根部に免疫反応が起こり、毛を作る働きが阻害されておきます。遺伝やストレスによる発症もありますが、自己免疫疾患が原因のこともあります。

上記の症状が見られる場合は、食生活の改善や医師の診療を受けることをおすすめします。

その4. 髪のコシがなくなってきたときのケア

  • Q4. 最近、私の髪のコシがなくなってきたように思います……

    バランスの良い食事と、正しい洗髪・ドライを心がけてください


女性は30歳を過ぎると髪が細くなる傾向にあります。「薄くなる」と感じる方もいらっしゃいますが、実際には髪が細くなったため、髪が少なく感じたり、コシがなくなったように感じるのです。

まず大切なのは食生活。髪はタンパク質でできているので、良質なタンパク質を摂ることが大切…と言いたいところですが、タンパク質を吸収するためにはビタミンやミネラルも必要。バランスの良い食事を心がけてください。

髪の洗い方も大切です。正しい洗髪とドライで髪の傷みを少なくし、コシとボリュームを保ちましょう。

髪の洗い方

  1. 髪は洗う前にブラッシングし、ホコリや絡みを除去します。
  2. お湯で髪、頭皮をシャンプーするときのように指をしっかり通して流します。これだけで髪の汚れの70〜80%は落とすことができます。
  3. 手でシャンプーをしっかり泡立ててから頭皮につけ、地肌の汚れを落とします。

    シャンプーは手の上で泡立ててから使う。泡立てネットを使うと簡単です。
    シャンプーは手の上で泡立ててから使う。泡立てネットを使うと簡単です。

  4. Q2で説明したように、指の腹を使ってボールを掴むように指をひろげて頭皮を洗う。耳の後ろ、後頭部も忘れずに。
  5. すすぎ残しがないようしっかり流す。ぬめりがなくなれば洗髪完了!

ドライの仕方

  1. ドライヤーは地肌から15〜20センチ離します。
  2. 手で髪をかきわけ、根元から乾かしていきます。毛先は余熱で十分。
  3. 濡れた状態を放置すると地肌のフケ、臭いの原因や、髪のキューティクルが開いた状態が続き、痛みやすくなります。

洗髪・ドライの方法は、お子さんも保護者も同じです。家族みんなで正しい洗髪を目指しましょう!

沖島さんからのメッセージ

お子さん一人ひとりに個性があるように、頭皮にも個性があります。保護者のみなさんには、お子さんの体質にあったシャンプーを選んであげてほしいと思います。
大切なのは髪より地肌を洗うこと。ご家族みんなで清潔で健やかな地肌を手に入れてくださいね。

ナオミ

ナオミ
沖島さん、ありがとうございました。正しい髪の洗い方、さっそく家族に伝えてみます。みんなでシャンプーを選ぶのも楽しみの一つですね。さっそくお買い物に行ってこようっと。

PROFILE

沖島美雪(おきしまみゆき)

沖島美雪(おきしまみゆき)
ヘアスタイリスト 兼 毛髪診断士®

美容室勤務後、フリーの美容師・ヘアメイクアップアーティストとしてテレビ番組や雑誌などで活躍。また、公益社団法人日本毛髪科学協会公認の毛髪診断士®としてもネット番組等に多数出演している。

▽沖島美雪Webサイト
http://beauty.mixedstyle.com/

こちらの記事もおすすめ!

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!