明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

身につければ強い! 家庭学習の習慣予習・復習の達人になる方法

カテゴリー:勉強&進路

やり方がわかれば自ら取り組める 〜周囲はグッと我慢で見守るのが一番〜

新課程で学習量・範囲が拡大した現在、以前よりも家庭学習の習慣が重要さを増しています。保護者の立場からすれば、子を思うあまり「勉強しなさい」と言いたくなってしまいますが、これは完全なNGワード。子どもがやる気を失う一言なのです。

家庭学習で何より大事なのは、子どもが自発的に取り組むこと。「明光義塾に来ている生徒の多くは、勉強の必要性を知っています。そのうえで『勉強しなさい』と言ってしまうと、自らやろうとしていたけど〝言われてやっている〞感覚になってしまいます。ですからそこはお子さんを信じて見守ってあげてほしいですね」(池袋西口教室・柏村健一教室長)。

高校生になると、「予習をしないと授業についていけない」と学校から指導され、実際に授業を受けた子ども自身も予習の必要性を痛感します。

「高校生には実際、何も言わないのが一番です。精神的にも結構大人ですから、『勉強しなさい』と〝命令〞されると反抗心が芽生えてしまいます。やらなければいけないことはわかっていて、単に『やり方がわからなかった』という場合もあります。焦ったり悩んだりしても、プライドから保護者の方には相談できない面もあるようです」(東村山駅前教室・岩本健佑教室長)。

指導現場の共通意見は、「実力アップにつながる家庭学習・予習復習の習慣作りは、周囲の大人の〝グッと我慢〞から始まる」ということでした。ぜひ保護者の方も見守ってあげてくださいね。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!