明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

自分らしさを仕事にする!明光ワクワクワーク♪:Vol.1 声優 堀江一眞さん

カテゴリー:勉強&進路

明光ワクワクワーク

自分の好きなことを発見し、それを仕事にしている人って魅力的ですよね。自分らしさを仕事につなげる秘訣をぜひ知りたいという保護者の声も多いはず。そこで、子どもたちが憧れるあの仕事をしている「しごと人」にインタビューします。

ぼんやりと将来のことを考え始めたお子さんと、それをサポートする保護者が知りたい仕事のお話をお届けするコーナーです。

声優 堀江一眞さん

ダイスケナオミ

今回は声優、堀江一眞(ほりえかずま)さんにお話をうかがいました。『夏目友人帳』の田沼要役や『デュラララ!!』の矢霧誠二役といった人気アニメの声優をしていらっしゃいます。声優は子ども達のあこがれの職業ですが、実際にどんな内容の仕事をしているのかは意外と知られていないのかも。声優になるには特別な勉強が必要なのでしょうか?保護者はどんなサポートをすればよいのでしょうか?

メイコミュナビゲーターのダイスケとナオミがお話を聞きました。

ダイスケ
アニメの声を当てたり、テレビのナレーションをしたりするお仕事、声優。今回は声優の堀江一眞さんに、ご自身のお仕事や夢を持ったきっかけなどについてお話をうかがいます。
ナオミ
ナオミです。今日は、子どもを持つ親の立場からお話を聞けたら嬉しいです。堀江さん、よろしくお願いします。
堀江さん
こちらこそよろしくお願いします。

「声優」という仕事について

ダイスケ
堀江さんは声優として幅広いお仕事をされているんですね!
堀江さん
アニメーションのキャラクターの演技やナレーションや洋画の吹き替えなどをしています。声優以外では、朗読劇のプロデュースやWebラジオの運営をしています。
ナオミ
さまざまなお仕事をされているんですね。ところで私、声優さんのお仕事について詳しくないのですが、アニメの声を当てるのって演技力が大切なんですか?

声優 堀江一眞さん

堀江さん
演技力も大切ですが、プロとしての仕事には他にも色々なことが要求されます。多くのアニメはスケジュールが厳しいので、画が完成する前に声を当てるんです。場合によってはまだしっかり表情が描かれていないことや、音楽や効果音などがついていないこともあります。そういう状態の画を見ながらキャラクターの喜怒哀楽を表現しなければいけません。
実際に完成した画はどうなるだろう?この画に効果音や音楽が入ったらどうなるだろう? と、声優各々がシーンをイメージしながら演じる必要があり、そういう意味ではプロならではの経験や技術が試されます。
ダイスケ
そうだったんですか、初めて知りました。てっきり画が完成した状態で声を当てていると思っていました。
ナオミ
さすが、プロの仕事ですね。

声優を目指すきっかけ 〜クラスメイトの死〜

ナオミ
堀江さんが声優を目指すきっかけは、何だったのですか?
堀江さん
僕は高校3年生まで、サッカー、野球、テニスなどスポーツ中心の生活でした。アニメや漫画も好きでしたけど、そこまでマニアックではなかったんです。声優という職業に就こうと思ったのは遅くて、高校3年生のときでした。
ダイスケ
高校3年生のとき、何か大きなきっかけがあったんですか?
堀江さん
クラスメイトの女の子が突然亡くなったんです。10代の身近な人が亡くなるという事実が本当にショックで、漠然と生きている自分とは何なのかを考えました。
それまでは「いつか」やりたいことが見つかると思い込んでいたんですが、亡くなった彼女にはそんな「いつか」がもうないんですよね。自分は生きている…最初は正直自分も死ぬのが怖いという感情からスタートしましたが、いつしかその子が生きられなかった分、自分が精一杯生きることが彼女への最大の供養になるではないかと思い、そこから自分の本当にやりたいことを探し始めたんです。
ナオミ
悲しい話ですけれど、堀江さんはそれをきっかけに自分探しを始めることができたんですね。
堀江さん
そうですね。「何かやらなきゃいけない」という使命感から、色々と将来の仕事について考えました。「やりたいこと」を探すために「やりたくないこと」をリスト化したりしましたね。その結果、子どもに関わる仕事が自分には向いているんじゃないかという答えに至り、具体的には先生や保育士、そして声優という職業が思い浮かびました。そこから最終的には声優を選ぶことになるのですが。
ダイスケ
そこで声優という仕事にたどり着いたんですね。
堀江さん
最初は親も担任の先生も大反対でしたよ。そのくらい、僕と声優という職業が結びつかなかったんでしょうね(笑)。プロダクション附属の養成学校のオーディションと大学受験、どちらも一緒に頑張るということで最終的に納得してもらいました。
結果的に養成学校のオーディションは合格することができたんですが、大学は残念ながら…ですので、養成学校に通いながら浪人生活を送るという二重生活となりました。1年後には正式にプロダクションへの所属が叶い、大学にも合格できたので、声優と大学生という二足のわらじを履く生活が始まりました。
ダイスケ
声優活動と学生を同時にこなすなんて、僕にはとても無理だなぁ。すごいですね!

コミュニケーションの大切さ

ナオミ
実際に声優を始めてみて、苦労したことはありますか?
堀江さん
声の仕事は、期待に応える演技ができれば評価されますけど、逆に失敗が続けばそのイメージがついてまわりますし、そうなると出演の機会も少なくなっていきます。
また、起用に関しては必ずしも実力だけではなく、人と人との繋がりも大きいです。監督さんをはじめ、現場の方たちから一緒に仕事をしたいと思ってもらうためにも、礼儀正しさはもちろん、コミュニケーション能力が必要になってくると思います。
ナオミ
実力があっても、それを発揮する場を自分で作らなければいけないんですね。
堀江さん
そうなんです。実は僕、そのコミュニケーションがとても苦手だったんですよね(笑)。スポーツをずっとやっていたというのもありますが、実直すぎたんですね。真面目は真面目でしたが、無愛想といえば無愛想で…。ですから事務所スタッフも現場スタッフも絶対とっつきにくかったと思います(苦笑)。
ダイスケ
なにか変わるきっかけがあったんでしょうか?
堀江さん
あるとき、家の前に仔猫が捨てられていたのですが、放っておくことができず、保護して一緒に暮らすようになりました。本当にかわいらしい猫で毎日楽しく過ごすようになりましたが、その頃から人当たりがとても良くなったと言われるようになりました。
まず笑顔が増え、スタッフとも猫の話で盛り上がることができるようになりました(笑)。ブログで猫のことを書くと、ファンの方も今までにない親しみを感じてくれるようになって。きっかけがあれば人って変われるものだな、と実感しました。
ダイスケ
何がきっかけになるかわからないものですね。いろいろなことにチャレンジしてみることが大切なのかもしれません。

学生時代に学んだこと 〜学校の勉強は今の仕事につながっている〜

ナオミ
学校の勉強についてもお聞きしたいです。堀江さんは得意教科などはありましたか?
堀江さん
僕は国語が得意でした。作品の登場人物たちに感情移入したり、そこから色々と想像したりすることが好きだったんだと思います。
ナオミ
何か想像力を育むような子ども時代を過ごされたんでしょうか?
堀江さん
僕は昔から映画が好きで、幼い頃からよく映画を観る家庭環境ではありましたね。『シンドラーのリスト』を高校時代に友達と映画館に観に行って、男3人で泣きながら帰ったりしたこともあります。「こんな幸せな時代に生まれた俺たちはもっとできることがある!」と言って号泣していましたね…。今思えば少し恥ずかしいエピソードですが、映画を観ることによって感受性が育まれたのかもしれませんね。
ダイスケ
子ども時代に芸術に触れるのは大切ですね。
ナオミ
そうそう、堀江さんは声優業の傍ら大学にも行かれていますが、どんなことを学ばれたんですか?
堀江さん
声優は個人事業主で不安定な職業ですので、経営を学ぶ学部を選びました。
現在、僕はWebラジオの運営や和楽器とコラボレーションした朗読劇を主催しているのですが、そういった組織的な活動の運営も大学で勉強したことが生きていると思います。
ダイスケ
すごいなぁ。大学の学部を選ぶときに将来のことまで考えていたんですね。
ナオミ
将来やりたいことが明確になると、何を勉強すればいいかも自然にわかってくるというわけですね。

声優 堀江一眞さん

堀江さん
あとは昔からやっていたスポーツも役立っています。声優は1日に何本も仕事をこなすこともあり、そうなれば体力はもちろん、プレッシャーに勝って時間内にきっちりOKを出せる集中力も必要です。そうした体力や集中力は、スポーツによって育まれたと思っています。
そして、リアルな経験を積むことが大切ですね。例えば海外旅行に行ってさまざまなものを見聞きしたり、勇気を出して女の子をデートに誘ってみるといった経験です。声優の仕事はいろいろなキャラクターに感情移入し、その上で自分なりの表現をしていく仕事なので、リアルな経験の中で見たり感じたりしたことは、その後のキャラクターを通した表現に絶対に役に立つものだと思います。

ダイスケ
次のページは堀江さんから読者の皆さんへのメッセージです。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!