明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

学年末 通知表の見方と活用法

カテゴリー:勉強&進路

学年末 通知表の見方と活用法:学年末の通知表は、学年の総決算。通知表への親の対応次第で、お子さんのやる気は大きくアップします。ここでは、子どものやる気を伸ばす通知表の見方、活用法について、明治大学・諸富祥彦教授にうかがいました。

お話をうかがった方

諸富祥彦(もろとみよしひこ)先生

諸富祥彦(もろとみよしひこ)先生

もろとみ よしひこ 明治大学文学部教授。教育学博士。スクールカウンセラー。現場教師の作戦参謀「教師を支える会」代表。上級教育カウンセラーの資格を持つ。著書に『教師の資質 できる教師とダメ教師は何が違うのか』(朝日新書)など多数。

http://morotomi.net

通知表の特徴と評価の基準は何?

改めて知っておきたい小学校・中学校・高校それぞれの通知表の特徴と、学校の先生がどんなことを基準に通知表の評価を決めているかを見ていきましょう。

小学校:最も細かくて評価が丁寧子どもが頑張ろうと思える言葉を駆使する

小学校の通知表

  • (A) 学びへの意欲、関心、態度を細かく評価。「もう少し」など前向きな表現で評価されます。
  • (B) 行動の記録は、成長するなかで身につけたい態度・行動ができているかを評価する重要なもの。
  • (C) 所見は、今後伸ばしたり改善したりしたいところを、いかにやる気を持って取り組めるように伝えるか。先生方が頭を悩ませて書いているところです。

特徴と評価のポイント

非常に細かい視点で評価します。これは、結果ではなく、プロセスを重要視し、子どもや親が頑張ろうと思える通知表を目指しているため。評価の基準は「授業中の学ぼうとする意欲」と「テスト」です。小学校の先生は通知表を「保護者との最大のコミュニケーションツール」として考えていますから、普段からよく観察して、熱心に書いています。頑張りや努力はきちんと見てもらえるでしょう。

中学校:評価基準はテスト・出席・提出物やる気と態度も大切

中学校の通知表

  • (A) 各教科ごとに、学習内容がどれだけ身についたかよりも、どんな能力が身についたのかを評価できるように観点別評価になっています。
  • (B) 教科ごとに指導内容が異なるため、他の先生に意見を聞いたりしながら、担任の先生が最も注意を払って書く部分。保護者の方へ、学校活動の報告をする意味もあります。

特徴と評価のポイント

客観性が高まり、形はシンプルになります。教科ごとに別々の先生が評価を出すのも中学校から。評価の基準は「テスト・出席・提出物」で、小学校同様「学習への意欲と関心・態度」が大切です。テストの点数がよいだけでは高校入試に有利な内申点は取れません。

高校:自主性を重んじた客観的でシンプルな形態度・提出物も重要

高校の通知表

  • (A) 定期テストの点数と、普段の課題や長期休暇中の宿題などの提出状況・内容により、科目ごとに評価。大学の推薦入試ではすべての評価の合計を科目数で割った「評定平均」が重要になります。
  • (B) 所見には、頑張った部分、目立つ行動や改善したいところなどが記載されます。生徒の自主性を信頼し、はっきりとした言葉も登場。

特徴と評価のポイント

昔と比べて、小中学校の通知表はかなり変わりましたが、高校の通知表は従来型。評価の基準はおおむね定期テストの点数と提出物で、科目ごとに5段階(もしくは10段階)で出されます。自主性を求める観点から、先生の所見も非常に短くシンプルです。

通知表は子どもを「伸ばす」材料です

通知表は子どもを「伸ばす」材料

現在、子どもの学びに対する評価(学力観)が世界的に変わってきています。結果や知識より、学習に対する意欲や態度などを重視するのです。その理由は、「評価されることによって、より成長しようと思える評価」(形成的評価)を目指しているからです。

小学校、中学校では「よくできる」「できる」「もう少し」などの表現からもわかるように、子どもや保護者が読んで「成長したい」「頑張ろう」と思えるような「子どもの意欲を引き出す通知表」を目指しています。そのために、学校の先生方は大変な時間をかけ、細心の注意を払って通知表を書いています。保護者の方々もぜひ、通知表を子どもを叱る材料ではなく、「子どもを伸ばす材料」として見てくださいね。


こちらの記事は、明光義塾と保護者をつなぐ情報マガジン『CRECER(クレセール)』2015年新春号でもお読みいただけます。

こちらの記事もおすすめ!

この記事へのコメント

1件のコメント - この記事の感想を募集しています!

シルバーのアイコン画像 まりりん1012さん(埼玉県)
評価の見方を参考にして、学年末の通知表を見てみたいと思います。