明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

教室長に聞きました! 夏休みを充実させる夏期講習の活用方法

カテゴリー:勉強&進路

教室長に聞きました! 夏休みを充実させる夏期講習の活用方法

毎日たくさんの生徒と向き合い、進路や学習について相談にのっている明光義塾の教室長に、実力アップの方法や合格へ向けた取り組み方をうかがう連載。今回は銚子駅前教室の安岡拓真教室長に、充実した夏休みを過ごすためのポイントや、夏期講習の活用方法などを聞きました!

その1. 夏休みの過ごし方で2学期以降の学生生活が変わる

ナオミ
子どもたちが楽しみにしている夏休みまで、およそあと1カ月。どのようなことに気をつけて過ごさせてあげればいいのでしょうか。
安岡教室長
夏休み期間に身についた習慣は、そのまま2学期以降の生活に大きく影響します。大会があるからと部活にだけ打ち込んでいると、2学期以降も部活ばかりの生活をすることになってしまいます。もちろん部活を頑張ることはいいことですが、それ「だけ」にならないよう学習の習慣をつけましょう。
生活リズムを崩しすぎないようにすることも大切です。夜更かしをしたり、中途半端な時間に昼寝をしたりする生活を続けていると、身体がそのリズムを覚えてしまい、2学期以降の生活に支障が出てしまうので、気をつけてください。
部活を引退し、これから受験モードに入ろうとしている受験生には、夏休みはとくに重要な時期です。しっかり気持ちを切り替えましょう。

教室長に聞きました! 夏休みを充実させる夏期講習の活用方法

ナオミ
部活を終えて帰ってくると、つい疲れて昼寝をしてしまうようです。いい解決方法はありますか?
安岡教室長
自宅にいるとなかなか勉強がはかどらない、とくに部活が終わった後の時間は寝てしまう、という生徒はあえてその時間に塾の授業を入れておくことも一つの方法です。塾に行けば、家のようにぐうぐう寝てしまうことはありませんからね。夏期講習をペースメーカーとして利用してください。
学習習慣は、「時間ができれば勉強をする」という姿勢ではなかなか身につきません。「塾に行く、そして勉強をする」としっかり予定を決めて行動すること、そしてそれを何回も繰り返すことで勉強する習慣が身についていきます。
ナオミ
受験生は1日どのくらい勉強するといいのでしょう?
安岡教室長
受験生の場合は、少なくとも学校に行っている時間と同じくらいの時間は勉強する必要があります。休み時間を挟んだとしても、学校なら1日5時間は勉強できるはず。しかしずっと自習をするには強い意志が要るので、この時間を確保するために夏期講習を受講するのも一つの手段です。

その2. 理想は生徒が自分でスケジュールを管理できるようになること

ナオミ
そこで気になるのが夏期講習の受講数です。できるだけたくさん受講した方がいいのでしょうか。
安岡教室長

たくさんの授業を受講しても、生徒自身の強い意志がないと意味がありません。また、ただ授業を受けっぱなしにするのもよくありません。たとえば、宿題や自習中に分からないところを事前にみつけておき、それを授業でクリアにするのも効率的な受講方法です。
夏休み前にはお通いの教室で、夏期講習の学習プランを提案されると思いますが、申し込みをする際には、生徒自身がそのプランに納得し、「がんばる」という気持ちになっているか確認してほしいです。本人が納得していない学習プランは、かえって「勉強って嫌だな」と感じさせてしまう可能性もあります。学習プランに対して生徒が「がんばってみる」「やらないと」と感じているなら、本人の話を聞いて、ぜひ応援してあげてください。

また、計画には変更がつきものです。もしも夏休み中のスケジュールを変更しなくてはならなくなったときには、保護者が一方的に決めず、生徒が自分で代替案を考えられるようにしてください。自己管理ができるように導いてあげることが、長期的な視点では学力の向上につながります。
夏休みは苦手なところをクリアにするチャンス。少し進みが遅れているお子さんはしっかり復習をして、自信をもって2学期を迎えられるようにしましょう。

教室長に聞きました! 夏休みを充実させる夏期講習の活用方法

夏期講習をきっちり受講することで、うまくいくタイプのお子さんもいる!

学習スケジュールは生徒が自ら管理していくことが理想ですが、なかには予定をしっかり決めてあげる方がいい生徒もいます。活動時間(練習・コンクールなど)が長い部活に所属していたお子さんにはその傾向アリ。部活を引退した時点ですかさず夏期講習などの勉強の予定を決めておけば、時間を浪費することなく、すぐに習慣を切り替えることができます。

教室長 間下 望

南柏教室 間下教室長からのメッセージ

淡々と予定をこなすことが得意なタイプのお子さんは、保護者がスケジュール管理をしてください。勉強する環境を整えてあげれば着々と力を伸ばしていくことができます。休日の過ごし方もルールを決めてあげると、土日にもしっかり勉強の時間が確保できます。

その3. 勉強だけではもったいない!いろいろなことにチャレンジしよう!

ナオミ
夏休みを迎える子どもたちに伝えたいことはありますか?
安岡教室長
せっかくの夏休み、勉強だけで終わってしまうのはもったいないです。夏休みだからこそチャレンジできることはたくさんあるので、もし夏休み中にどうしてもやってみたいことがあれば、受験生だとしても挑戦してみてほしいと思います。きっといい思い出になりますよ。そのためにも、自分で時間の管理ができるようになっていってください。

子どもを褒めよう、夏休み

夏休みは普段よりも子どもの在宅時間が長い時期。いろいろな行動が目につくので、つい叱りたくなるシーンが増えるかもしれませんが、実は褒める機会も多くなるはずです。

鹿嶋教室 吉川教室長

鹿嶋教室 吉川教室長からのメッセージ

夏休み期間中、生徒に起きた変化や取り組んだことをみつけて、褒めてあげてください。子どもは保護者に見守ってほしい、認めてほしいと思っているもの。メッセージを言葉にして伝えてあげてください。

こちらの記事もチェック!

明光義塾・夏の体験談明光義塾・夏の体験談

安岡拓真教室長

PROFILE

銚子駅前教室 教室長 安岡拓真
教室長歴:5年
座右の銘:やりたくない気持ちのままやらない、やる理由をみつけてから取り組む。
尊敬する人:大学時代のアルバイト先の先輩

こちらの記事もおすすめ!

この記事へのコメント

3件のコメント - この記事の感想を募集しています!

プラチナのアイコン画像 ちくでんRさん(大阪府)
娘は今年中3。部活のない夏休みをいかにうまく乗り切るか、いろんな意味で試練の夏になると思います。夏期講習と自習室をうまく活用して、メリハリのある日々にしてほしいものです。
シルバーのアイコン画像 まりりん1012さん(埼玉県)
中二ですが、中々勉強をするというクセがつきません。
休みの日は、携帯をいじっていることが多く、依存をなんとかしなきゃって感じです。
どうすれば、勉強に集中してもらえるのか?
自主学習をする事が早く身についてほしいものです。(>_<)
ゴールドのアイコン画像 笑里さん(東京都)
沢山、褒めていきたいです(^ ^)