明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

自分らしさを仕事にする!明光ワクワクワーク♪:Vol.3 脚本家 吉田恵里香さん

カテゴリー:勉強&進路

明光ワクワクワーク

自分の好きなことを発見し、それを仕事にしている人って魅力的ですよね。自分らしさを仕事につなげる秘訣をぜひ知りたいという保護者の声も多いはず。そこで、子どもたちが憧れるあの仕事をしている「しごと人」にインタビューします。

ぼんやりと将来のことを考え始めたお子さんと、それをサポートする保護者が知りたい仕事のお話をお届けするコーナーです。

脚本家 吉田恵里香さん

ダイスケナオミ

今回は脚本家として活躍する吉田恵里香(よしだえりか)さんにお話をうかがいました。

吉田さんはNHK Eテレ『シャキーン!』の構成や、漫画『TIGER&BUNNY THE COMIC』(集英社)の原作、小説『脳漿炸裂ガール』(角川ビーンズ文庫)の執筆など、多くのエンターテイメント作品に関わっている人気作家さんです。

文章を書くことをお仕事にしている吉田さん、そこにたどり着くまでにはどんな物語があったのでしょうか?メイコミュナビゲーターのダイスケとナオミがお話を聞きました。

ダイスケ
今回は脚本家、構成作家、小説家として活躍する吉田恵里香さんに、ご自身のお仕事や夢を持ったきっかけなどについてお話をうかがいます。
ナオミ
文章を書くことって、どうやってお仕事にするんでしょうね。とても気になります。吉田さん、よろしくお願いします。
吉田さん
よろしくお願いします。

吉田さんのお仕事とは?

吉田さんのお仕事

ダイスケ
吉田さんは脚本やマンガ原作、小説など、幅広いお仕事をされていますが、具体的にどのような作品を手がけられたのでしょうか?
吉田さん
テレビ番組ですとNHK Eテレ『シャキーン!』の構成、漫画では『TIGER&BUNNY THE COMIC』の原作、小説『脳漿炸裂ガール』の執筆などが代表的な仕事です。他にもウェブ小説や、映画・ドラマ・アニメの脚本協力などもしています。

脚本家 吉田恵里香さん

ダイスケ
色々なお仕事をされているんですね。ところで、今、おっしゃった番組の「構成」というお仕事はスタッフロールなどでよく見かけますが、具体的にはどのようなお仕事なのでしょうか?
吉田さん
まず、番組のテーマを何にするのか、どんなことをキャラクターに喋らせるのか、制作側のどんな思いを伝えるのかといったコンセプトを考えます。そのコンセプトに従って、演出の方や編集の方、カメラマンさんなどと話し合って台本にしていく作業が「構成」ですね。
ナオミ
なるほど。テレビ番組の「構成」は脚本を書くだけではなく、総合的なことを考えるお仕事なんですね。
吉田さん
そうですね。ものを書く仕事と言っても、ただ書くだけの仕事というのはほとんどありません。ドラマの脚本などは企画書の段階から関わることもありますしね。まずは企画をプロデューサーさんに通して、番組自体の制作を開始させる、そういったところから考えます。
ダイスケ
色々なところに気を回さなくてはいけなくて、大変そうですね。
吉田さん
映像作品は監督・プロデューサーさん等、大勢の人と作り上げていくものです。様々な意見を取り入れて、その都度、ストーリーを書き換えていかなければなりません。
ナオミ
現場の要求に対応した文章を作り出す、まさにプロのお仕事ですね。
ダイスケ
マンガの原作の場合も、絵を描くマンガ家さんと話し合いながら描いていかないといけないんですよね?
吉田さん
はい。マンガの原作の場合は、絵になったときのことを想定しながら文章を書かなければいけないんですよね。マンガ家さんとの間に編集者さんに入ってもらって、アドバイスをもらいながらすすめます。最初は絵を想像したり、絵になる見せ場を表現したりすることに苦労しましたが、最近はマンガ家さんとコミュニケーションをとりながら上手くできるようになりました。
ダイスケ
ただ文章が上手いだけじゃダメで、コミュニケーション能力も必要とされる世界なんですね。

脚本家になる方法

ナオミ
吉田さんはどのようにして脚本家になられたのですか?作家になるにはどうしたらいいのでしょうか?
吉田さん
資格が必要な仕事ではないので、自分で名乗った時点で作家にはなれますが、自分が書いた文章でお金を稼いでいるかどうかがプロとアマチュアの違いではないでしょうか。そう考えると、私がプロの作家になったのは今の芸能事務所に所属した時なのかなと思います。
ダイスケ
脚本家さんも事務所に所属されるんですね!初めて知りました。事務所にはどのような流れで所属されたんですか?
吉田さん
私の場合は大学2年の時に、ある劇団のお手伝いをしていて、そこで知り合った方に今の事務所を紹介してもらいました。ただ、他にも劇団で活躍して評価されたり、コンクールに応募して入賞したりといったデビューの方法があります。いずれにせよ、たくさん書いて多くの人に見せることによって、チャンスが広がると思います。
ナオミ
やっぱり、どれだけ書くことに向き合えるかが大事なんですね。

脚本家を目指した理由

ダイスケ
吉田さんはどうして脚本家になろうと思ったのですか?
吉田さん
昔からお話を作ったり、絵を描いたりするのが好きだったんです。小学校の頃、6ページくらいのミニ絵本を作るのが学校で流行りました。一人ひとりみんなが自分の絵本を作って、続きものの物語を連載するんです。
私はそのブームが去り、みんなが飽きてやめていっても、ずっと書き続けていました。そのミニ絵本は170話くらいまで連載を続けましたね(笑)。そのくらいお話を作るのが好きでした。
ナオミ
そんなに続けたんですか!物語を作るのが本当にお好きだったんですね。
吉田さん
お話と、物語を作ることが好きだったので、「将来はマンガ家になりたい」と思うようになったのですが、絵があまり上手ではなかったので、次第とお話を書くことに専念するようになっていきました(笑)。
ダイスケ
好きなことから将来の道が決まるのは理想的ですね。
吉田さん
そうかもしれませんね。私は中学受験をして大学付属の中高一貫校に入学したのですが、それも上にある大学に映画や演劇、小説などを学べる藝術学部があったからなんです。
ナオミ
早い時期から自分のやりたい方向が定まっていたということは、もう中学・高校時代から小説や脚本などを書かれていたというわけですよね?
吉田さん
はい。いろいろな賞に応募していました。幸いにも何度か佳作をいただくことができて、それをきっかけに自信を持つことができました。多少なりともそちらの方面の才能はあるかな、と(笑)。

ダイスケ
次のページは吉田さんから学生時代にやるべきことについてうかがいました。<

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!