明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

祝・合格!親子の合格体験談

カテゴリー:勉強&進路

【中学受験篇】短時間で合格への道筋を作った志望校に絞った効率的な勉強法

神奈川県立平塚中等教育学校1年 片野 恵さん(中) 片野 公子さん(右) 木下 千登勢教室長(左)
神奈川県立平塚中等教育学校1年 片野 恵さん(中)
片野 公子さん(右) 木下 千登勢教室長(左)

集中して勉強し、2つのお稽古も両立

片野 恵さんのプロフィール(神奈川県立平塚中等教育学校合格・松田教室)

5年生で明光に通うまで、週6日スイミングスクールに通い、毎日4kmほど泳いでいた頑張り屋さん。幼稚園からはじめた習字と2年生からはじめたそろばんを続けながら中学受験に挑む。明光の授業と宿題をしっかりこなし、見事志望校合格を果たした。

「合格で恩返しを」との想いが苦しいときの支えに

片野恵さんが明光義塾に入会したのは、5年生のこと。勉強の習慣をつけることが目的だった。当時は中学受験を考えていなかったが、通っていたそろばん塾の先生から「恵ちゃんは実力があるのに、昇段試験で力が発揮できずもったいない」と言われ、お母さんは「度胸をつけるためにも中学試験をしてみてはどうだろうか」と考えた。だが、どうしても中高一貫校にという強い思いがあるわけではなく、小学校卒業まではそろばんと習字の習い事を続けて欲しいとも思っていた。そこで明光に通うのはこれまで同様国語、算数、英語の週3回、お稽古ごとと両立させながらの受験勉強であった。

当初、恵さんは「周りに中学受験をする人も少ない様子だったし、地元でいいんじゃないか」と思っていた。だが、「発展的な勉強は将来役に立つよ」と講師から言われたことで「中学受験を頑張ろう」と思うようになっていった。

木下教室長は、恵さんが作文に苦手意識を持っていたため、短い文章の作り方から指導した。算数は、計算力はあるのに文章問題だとうまく計算に落としこむことができないのが課題だった。そこで、恵さんが志望していた県立平塚中学教育学校に照準を合わせ、中高一貫適正検査問題集を繰り返した。

学校のテストでは安定して8〜9割の点数をとていた恵さんだが、適正検査対策は「学校でやっている内容と違い、難しく感じた」と言う。

さらに11月ごろから過去問題に取り組みはじめると、答えすら書けず自信を失うことも。お母さんは「実は、駄目ならしょうがない」という気持ちもあったと明かす。「たとえ落ちたとしても、これまでの努力は何かしらのプラスになるはずですから」。

しかし、恵さんは諦めなかった。「これまでの私の合格にために協力してくれた教室長や講師のことを思うと、合格しないと申し訳ない」。何度も何度も問題に挑戦し、実力をつけていった。

「本番の問題もすごく難しかったし、周りはみんな頭良さそう。まさか受かるとは思いませんでした(笑)」と恵さんは振り返る。

「あきらめずに続ける事が一番大事なんだと言うことがわかりました」。


こちらの記事は、明光義塾と保護者をつなぐ情報マガジン『CRECER(クレセール)』2014夏号でもお読みいただけます。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!