明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

MEIKO保護者に聞く!夏休みのおすすめ自由研究

カテゴリー:勉強&進路

毎年夏休みに悩みをかかえるもの、それは自由研究。メイコミュではそんな悩みを解決するヒントを探すため、MEIKO保護者のみなさんにアンケートで「夏のおすすめ自由研究」についてうかがいました。みなさんから寄せられた自由研究ネタをさっそく見ていきましょう。

MEIKO保護者に聞く!夏休みのおすすめ自由研究

その1. MEIKO保護者に聞いた、お子さんがこれまでに挑戦した自由研究

まずは明光義塾に通うお子さんたちがこれまでにどんな自由研究をしてきたのかを見ていきましょう。

身近なものを題材に!食べもの研究

食べものは毎日の生活に必ず関係するものなので、自由研究テーマとしてはとても身近ですね。お子さんたちが自然と興味を持てそうなテーマです。

飲み物の酸度についての調査。

 yoshi(女性・40代) お子さんの年齢:小学校5年生

ししとうは何故辛いものとそうでないものがあるのか。農作物に関する研究は沢山資料がネット等で載っているし、自然のものは沢山の種類があるので広がりがあるから。

 あおくんママだよ(女性・40代) お子さんの年齢:中学校3年生

毎日の食事を写真に収めたごはん日記。ふつうのごはんも振り返れば大切な思い出。日記用の特別ごはんは親子して気合いをいれて。夏休みの思い出になりました。

 ねこのみーすけ(女性・40代) お子さんの年齢:小学校5年生

ダイスケ

ダイスケ
飲み物の酸度の調査は、化学への興味がわきそうですね。また、農作物に関する研究の資料が、ネットにたくさんあるという情報は初耳でした。毎日の食事の記録は大変ですが、お子さまにとっても家族にとっても、大切な思い出になりますよね!

科学的な視点を育む!観察&実験

観察や実験はまさに自由研究の王道です。科学的な興味や関心のきっかけとなってくれますし、机の上だけではわからなかったことも理解できそうですね。

UVカット製品のテスト。蛍光剤入り洗剤にブラックライトを照射して、UVカット製品がどの程度効果があるか調べました。

 こあらママ(女性・50代) お子さんの年齢:中学校3年生

指紋の研究。刑事ドラマが好きなので、実際はどうなのか、指紋キットを購入したり、ネットでいろいろ調べていた。

 つっぴん(女性・40代) お子さんの年齢:中学校2年生

ダイスケ

ダイスケ
かなり本格的な観察や実験にチャレンジしていておどろきました。ブラックライトで紫外線を照射してUVカットの効果を調べることができるんですね。指紋キットを購入するなど、市販のキットを利用するのも良い方法ですね。

地道な積み重ね!工作&調査

自分で手や足を動かして作品を作るのは良い経験になります。自分の足で歩いて調査したり、道具を使って工作したりすることが好きな子にぴったりな自由研究ですね。

日常目にする表示や標識の記号を写真で集め、スクラップして記号図鑑を作りました。800枚ほど撮った写真を分類して、説明書きをつけるのが大変で、相当の日数がかかりました。

 だいちゃん(女性・50代) お子さんの年齢:小学校4年生

本立て。工作が好きなのでノコギリやトンカチが使えて愉しかったみたいです。

 ナオママ(女性・40代) お子さんの年齢:中学校3年生

ダイスケ

ダイスケ
800枚もの写真を使って作った記号図鑑はかなりインパクトがある作品です。道具を使った工作は、体を動かして楽しく取り組めるので良いですね。本立てのように、自分が使う家具を作るというのもやりがいを感じられそうです。

その2. 自由研究、MEIKO保護者は何に取り組んだ?

MEIKO保護者も、かつては自由研究に励んだはずです。どんなものに挑戦したのかを調査しました。みなさんの思い出の自由研究をご紹介しましょう。

もの作りに挑戦!

やはり今も昔も工作は人気の自由研究なのかもしれません。なにかを作る経験は忘れられない思い出になりますね。

和紙人形をたくさんつくって夏祭りの様子を工作したり、キャラメル箱でペンギンの雪山を作ったりしました。

 りょうはは(女性・40代) お子さんの年齢:高校1年生

ダイスケ

ダイスケ
夏祭りやペンギンの雪山など、ご本人が楽しんで作っていたのでしょうね。こだわりの工作は、完成したときの充実感もありそうです。

眼で見て観察&記録!

アカウミガメの研究をするため、毎朝夜明け前に海岸に行って観察しました。

 いほうじん(女性・40代) お子さんの年齢:中学校2年生

カマドウマ(コオロギのような虫)の飛距離を大きな段ボール箱の中で調べました。

 こあらママ(女性・50代) お子さんの年齢:中学校3年生

ブロック塀の危険度マップを作りました。当時そこここでみかけたブロック塀、自宅そばを父と歩いて回り、崩れていたりヒビが入っている箇所を写真に撮りマップに書き加えました。

 ねこのみーすけ(女性・40代) お子さんの年齢:小学校5年生

カビの変化を調べた気がします。

 ちひろ(女性・30代) お子さんの年齢:小学校6年生

ダイスケ

ダイスケ
どれもユニークな観察ですね。毎朝のウミガメの観察もびっくりですが、ウミガメの産卵場所が近くにあるというのもすごいです。カビの変化やカマドウマの飛距離、どちらも専門性が高い研究で興味をかきたてられますね。ブロック塀の危険度マップは、防災のためにとても有意義な研究ではないでしょうか。

実験にチャレンジ!

研究者気分を味わえる科学実験も人気の自由研究ですね。実験結果をレポートに文章としてまとめるなど、総合的な勉強にもなりそうです。

リトマス試験紙で、身近にある物が酸性かアルカリ性か調べた。冷蔵庫の中の物や洗剤など、片っ端から調べて楽しかった。

 つっぴん(女性・40代) お子さんの年齢:中学校2年生

べっこう飴 固まる温度の感覚が大切

 mikan(女性・40代) お子さんの年齢:中学校2年生

ダイスケ

ダイスケ
授業時間ではなかなかできない実験に、じっくり取り組めるのも自由研究の良いところ。リトマス紙やべっこう飴のように化学の基礎を学べる実験の取り組みは知識の定着にピッタリです。べっこう飴の固まる温度の感覚が大切だったことを今でも憶えているなんて素晴らしいですね。

その3. まとめ

お子さんが取り組んだ自由研究と、MEIKO保護者がかつて取り組んだ自由研究を見てきましたが、今も昔もいろいろなものがありますね。子どものころの自由研究の内容を未だにはっきり憶えているMEIKO保護者が多かったことに驚きました。そうそう、こんなコメントもありましたよ。

自由研究は父親に頼ってばかりでしたね。自由研究を理由に色々な所へ連れて行ってもらったりもしました。

 あおくんママだよ(女性・40代) お子さんの年齢:中学校3年生

お父さんといろいろなところに出かけた、楽しい夏休みだったんでしょうね。このエピソードのように、自由研究は夏の素敵な思い出になるものです。MEIKO保護者のみなさんが、子どもたちにとって良い思い出となる自由研究をサポートしてくれたら、と思います。そのお手伝いとして、今回の記事がお役に立てばうれしいです。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!