明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

自分らしさを仕事にする!明光ワクワクワーク♪:Vol.5 水族館飼育員・学芸員 冨永早希さん

カテゴリー:勉強&進路

明光ワクワクワーク

自分の好きなことを発見し、それを仕事にしている人って魅力的ですよね。自分らしさを仕事につなげる秘訣をぜひ知りたいという保護者の声も多いはず。そこで、子どもたちが憧れるあの仕事をしている「しごと人」にインタビューします。

ぼんやりと将来のことを考え始めたお子さんと、それをサポートする保護者が知りたい仕事のお話をお届けするコーナーです。

水族館飼育員・学芸員 冨永早希さん水槽に潜る冨永さん

ダイスケナオミ

今回は新江ノ島水族館の飼育員で学芸員の、冨永早希(とみながさき)さんにお話をうかがいました。

冨永さんは展示飼育部魚類チームに所属し、学芸員として活躍されています。新江ノ島水族館は世界で初めてカタクチイワシの稚魚であるシラスの展示に成功しましたが、冨永さんはそのプロジェクトに取り組まれていました。水族館飼育員・学芸員という夢を冨永さんがどのように叶えたのか、メイコミュナビゲーターのダイスケとナオミがお話を聞きました。

ダイスケ
今回は水族館学芸員の冨永さんに、ご自身のお仕事や夢を持ったきっかけなどについてお話をうかがいます。
ナオミ
動物園や水族館で働く夢を持つ子どもは多いので、今日は冨永さんのお仕事についてのお話をじっくり聞いていきたいと思います。冨永さん、よろしくお願いします。
冨永さん
よろしくお願いします。

水族館で働くということ

ダイスケ
冨永さんはこちらの水族館で働き始めてどのくらいになるのですか?
冨永さん
大学院修了後に新卒で入ったので、3年目になりますね。
ナオミ
水族館ではどのようなお仕事をされているのでしょうか?
冨永さん
水族館での仕事は、水槽の生き物に餌をあげたり、世話をしたりするというのはもちろんですが、研究という目的もあります。漁師さんの船に乗せてもらって、海洋調査をすることもあるんですよ。
ナオミ
冨永さんも実際に水槽に潜られるのですか?
冨永さん
もちろんです。潜水士の資格のほかにも、ダイビングライセンスや船舶免許を所持しています。
ダイスケ
水族館で働くためには色々な資格が必要なんですね!
冨永さん
学芸員の資格は、大学で取得しておかなければなりません。また、水槽の掃除などは本当に体力勝負なので(笑)、体力が必要ですね。水族館は土日も開館しているので、お休みは不定休です。泊まり込みのシフトもありますので、健康を維持することを心がけています。ただ、大好きな生き物に囲まれているので、苦にはなりませんけど。
ナオミ
冨永さんは世界初のシラスの展示飼育に携わっていたんですよね?
冨永さん
はい。新江ノ島水族館のシラスを展示するプロジェクトは、2012年にスタートしました。シラスはとても弱いので、漁獲中や輸送中に死んでしまうことが多く、展示がとても難しいものでした。
ダイスケ
確かにシラスが泳いでいる様子を見たことはありませんね。
冨永さん
そこで、カタクチイワシの繁殖〜大量育成に成功した独立行政法人水産総合研究センターのアドバイスを受け、親であるカタクチイワシを飼育し、卵を産ませて育成させるということに挑戦しました。
ナオミ
そっか! シラスってカタクチイワシの子どもなんですね!
冨永さん
あまり知られていませんが、そうなんですよ。昨年の四月に長年の取り組みがようやく実り、展示を開始することができました。こちらが展示されているカタクチイワシの稚魚(シラス)です。

展示されているカタクチイワシの稚魚(シラス)
展示されているカタクチイワシの稚魚(シラス)

ダイスケ
小さいながらも懸命に泳いでいますね!
ナオミ
シラスは料理としての姿しか見たことがありませんでしたが、こうして生きている姿を見ると、勉強になりますね!
冨永さん
シラスのプロジェクトは初めてのことも多く、大変でしたが、大きな自信につながりました。
水族館は、海の生き物を紹介するだけでなく、いかに興味を持ってもらえるような見せ方をするのかも大切な仕事です。江の島の特産品であるシラスから、海の生物や環境に興味を持ってもらえればと思っています。

ダイスケ
次のページは冨永さんが水族館学芸員になるまでの道のりをうかがいました。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!