明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

大公開!スマホで料理を「おいしそうに」撮る4つのポイント

カテゴリー:スペシャル

大公開!スマホで料理を「おいしそうに」撮る4つのポイント

ナオミ

お子さんと出かけた観光スポットや天気、草花などをスマホで写真に撮ってLINEやFacebook、ブログなどでお友だちと共有する方も多いのではないでしょうか。特に多いのが料理の写真。気合いを入れて作ったご飯やお弁当、お出かけ先で見つけためずらしい料理はみんなに見せたくなりますよね。

今回は写真家のトヨサキジュン先生に、スマホでおいしそうに料理を撮るテクニックを教えてもらいました。また、料理研究家の國行志保先生に夏のとっておきメニューを教えてもらいましたよ。
みなさんも記事を参考に、メイコミュ掲示板に料理の写真を投稿してみてください。

スマートフォンで料理をおいしそうに撮るテクニック

まずは、國行先生に、冷やし中華とプリンの撮影にチャレンジしてもらいました。

まずは、國行先生に、冷やし中華とプリンの撮影にチャレンジしてもらいました。
「きれいに撮ることを意識すると緊張しちゃいますね」と國行先生

 冷やし中華  プリン 
國行先生が撮影した写真。
さて、國行先生の写真をトヨサキさんはどう見るのでしょうか?
トヨサキジュン
トヨサキ先生
おいしそうに撮れていますが、タレが遠くてちょっとバランスが悪いですね。より、おいしそうに、おしゃれに撮れるテクニックを教えましょう!

1. 画面内でクロスを作ろう!

器やお箸がナナメのラインでクロスするように配置すると、動きと立体感が出る写真になります

器やお箸がナナメのラインでクロスするように配置すると、動きと立体感が出る写真になります

写真では構図がとても大切です。お皿の位置を工夫してみましょう。きちんと並べるのではなく、器やお箸がナナメのラインでクロスするように配置すると、動きと立体感が出る写真になりますよ。

2. 遠くからズームで撮ろう!

遠くから撮った方が全体がバランスよく、きれいに映ります

スマートフォンを近づけて撮影するよりも、遠くから撮った方が全体がバランスよく、きれいに映りますよ。遠くからスマートフォンを構えて、ズームにして撮るようにしましょう。

3. 自然の光で撮ろう!

また、部屋の電気を消すことで、光の方向をひとつにして、自然な感じを出すことができます

なるべく自然光で撮るようにして、蛍光灯や白熱灯など色んな光が混ざらないようにしましょう。また、光の方向はひとつにし、奥側(時計の針で2時or10時)の方向からあてるとキレイに写りますよ。

ワンランクアップのポイント

白い紙(レフ板)を光が入ってくる方向の逆に設置すると、光が反射して料理全体に光が当たるようになります。これで料理を明るく撮ることができますよ。

4. アプリを使おう!

また、部屋の電気を消すことで、光の方向をひとつにして、自然な感じを出すことができます

おすすめのアプリを使えば、写真をより魅力的&お洒落にできます。明るくしたり、色を変えたりと簡単にできるのが、スマートフォンアプリの魅力ですね。
僕は「PicsPlayPro」という有料のアプリケーションを使っていますが、無料の写真加工アプリでも、じゅうぶん加工ができますよ。

ワンランクアップのポイント

「tilt shift」というピントを調整して背景をぼかす機能を活用すると、写真を楽しく演出することができます。

トヨサキさん撮影写真
 トヨサキさん撮影写真:冷やし中華  トヨサキさん撮影写真:プリン 
國行志保
國行志保先生
スマートフォンでも工夫次第で、素敵な料理写真を撮影することができるんですね!
保護者のみなさんもぜひ、ご自身の料理の写真を撮ってみてください♪

ダイスケ
次のページは夏のお昼メニュー&デザート
のレシピを紹介します。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!