明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

専門家に聞いてみた!こんなときどうする?子どもの行動 Vol.1

カテゴリー:コミュニケーション
ナオミ

お子さんが間違ったことをしたり、悩んでいたりするときに、保護者としてどう声をかけていいのか悩むこともありますよね。そんな保護者の疑問について、子供の叱り方や教え方の専門家、法政大学文学部心理学科の渡辺弥生先生に、シチュエーション別で理想的な声かけの方法を教えていただきました。

その1. テストの点数が悪かったとき

ナオミ
  • Q1.夕飯時、食卓についた小学5年生の息子(娘)が、ひと目見て機嫌が悪そう。「どうしたの?」と尋ねると、テストの点数が悪かったようで、ずっとむくれたままあまり口を開こうとしません。こんな時、あなたならどのような声をかけますか?

MEIKO保護者の回答

どうしたら次は良い結果になると思うか本人の考えを聞いて、「次は頑張ろうね」とできるだけ明るく言う。

 はま(女性・40代) お子さんの年齢:小学校5年生

次に頑張ればいいから大丈夫だよ。

 ハッピーママ♪(女性・40代) お子さんの年齢:中学校2年生

調子が悪い時もあるやん、次は頑張ろう!

 なおなお(女性・50代) お子さんの年齢:高校3年生

残念だったね。ちゃんと見直しして力つけて次のテストで挽回しようね!

 ふみ(女性・40代 ) お子さんの年齢:中学校1年生

渡辺先生のアドバイス

渡辺先生

渡辺先生

回答を拝見すると、「頑張ろう」という言葉掛けが多く見られます。テストで失敗したときに、なぜ失敗したかお子さんも原因を考えますが、たいてい次のような4つを原因として考えます。

  自分にかかわること 自分以外が原因
不安定 努力しなかった 運が悪かった
安定 能力がない テストが難しかった

やる気を失ってしまうお子さんは、「自らの能力がない」(自分にかかわりがあり、しかも安定した要因)ことに原因を求めがちです。つまり、自分がだめなんだし、能力は安定して変わらないから、能力がないものはやってもしかたがないと思い込んでしまうわけです。

「頑張れ!」と励ますのは、能力のせいじゃなく努力が足りなかっただけだから、頑張ればいいんだよ!という意味で、一見良い対応です。しかし、次のテストで、また悪い点だったらどうしましょう? 子どもは頑張っても頑張っても良い点がとれない、と思い、結局は、自分は頭が悪い、すなわち「能力がない」と能力に原因を求めてしまうのです。

ですから、頑張れと励ますのなら、頑張った分だけ成功したという体験をさせてあげることが大切です。具体的には、むやみに高い目標を掲げず、頑張ればできそうなところを目標をアドバイスしてあげて、そこに達したら、「頑張ったから、できたね」と評価してあげましょう。

「残念だったね」と子どもの気持ちに寄り添ってあげる回答もありました。まずは、子どものしょげている気持ちに寄り添ってあげるのが大切ですね。子どもが素直に反応するかは別にして、子どもにとってはありがたい対応だと思います。その際に、少し時間をとったり気分転換してあげるのもやさしい対応と言えます。

この記事へのコメント

0件のコメント - この記事の感想を募集しています!