明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

ニュース&トピックス

子どものくらしとお金に関する調査

 更新 from ダイスケ

こんにちは、メイコミュナビゲーターのダイスケです。

今回は、金融広報中央委員会が調べた「子どものくらしとお金に関する調査(第2回)」から、子どもたちのおこづかいについてレポートします。子どもに渡す「おこづかい」。保護者のみなさんにとって気になるテーマですよね。以前、メイコミュ掲示板で話題になったテーマです。

今回の調査をまとめると、以下のような傾向が見えてきました。

  • おこづかいをもらっている相手は「親」の割合がもっとも高いが、小学校低学年・中学年では「祖父母」からもらう割合が4割強でした。
  • 中学生の1か月のおこづかい額で最も多い回答は1,000円、平均値は2,502円でした。
  • 高校生の1か月のおこづかい額は、最も多い回答は5,000円、平均値は5,305円でした。

では、もらったおこづかいをどのように使っているのでしょうか?

  • 小学校低学年では「おかしやジュース」、「おもちゃなど」、「ゲーム」が上位、小学校中学年では「まんが」、小学校高学年では「本やざっし」の順位があがっています。
  • 中学生では「友達との外食・軽食代」、高校生では「休日に遊びに行く交通費」の順位が上がっています。

おこづかいを通じて、お金や社会・経済に関心を持てるようになるといいですね。

詳しい調査結果は以下のリンクよりご覧ください。

▽メイコミュ掲示板「☆どうしてる?お子さんのお小遣い★」
https://www.meiko-community.jp/board/topic/?t_id=18

▽金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査」
http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kodomo2010/