明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ掲示板

特別企画 ☆きょうだいを比較してしまうことってありますか?★

 更新 from メイコミュナビゲーター ナオミさん(東京都)

こんにちは、メイコミュナビゲーターのナオミです♪

今回のメイコミュ掲示板は特別企画、“みなさんのお悩みに心理学の先生がアドバイスします。”です!

みなさんは、お子さんをほめるときや叱るとき、ついきょうだいを比較してしまうことはありませんか?

わが家では、息子が食欲旺盛なのに対して娘が少食です。

先日、「〇〇はたくさん食べてくれるからうれしい。△△にももっと食べてほしい」と言ってしまったところ、きょうだいともに傷つけてしまったようで……。

比較する言い方をしたことがよくなかったようです。みなさんはこんな経験ありませんか? また、それに近いお悩みなどはありませんでしょうか。

心理学の先生からアドバイスをもらえるこの機会に、みなさんのお悩みを教えてください。たくさんの投稿をお待ちしています。

このトピックスへのコメント

ひろりんこさん(長野県)

ウチは 男の子2人です。上は20歳 医療系専門学校生、下は中学3年生。間違いなく比較してます。とにかく下の子が成績が悪い…。ぜんぜん良くなりません。上の子も成績が良い方ではなかったですが、自覚してしっかり勉強に取り組んでいました。下は受験生という自覚が足りず、勉強を彼なりに頑張っているのですが、もっとがむしゃらにやらなければいけないはずなのです…。そこで 上の子と比べて「にぃにぃは こうやってたよ!」と。参考にしてもらいたくて 比較を言ってしまいます。もどかしい…。

プラチナのアイコン画像ももうらさん(徳島県)

上の子は勉強しなくても良い成績がとれてたし、字もきれいなのですが、下の子はあんまりな成績と字が汚い。

でも下の子は運動神経抜群だけど、上の子は運動音痴。

比べちゃいけないけど、こんなに違うの?と思ってしまうよ。

コメントする

コメントする

いいね!3

Millecreapeさん(神奈川県)

正反対の兄弟。破天荒な長男と慎重な次男…足して二で割ってくれればいいのに、と思うほど正反対。
でも、正反対だからこそ、短所に見えるところが長所でもあり、長所が短所にもなると気づける。破天荒な長男は向こう見ずでもあるが、チャレンジ精神も旺盛。
次男は慎重で先が見通せるが、その分初めてのことに二の足を踏む。
どっちも個性の一つなんだと痛感する。

コメントする

コメントする

いいね!4

minaeさん(東京都)

兄弟三人 それぞれキャラも得意な事も違うのに、学校生活や勉強の事ではついつい比較しがちです。本人達に言わなくても心ではいっぱい比べています。

コメントする

コメントする

いいね!3

プラチナのアイコン画像むむさん(宮城県)

公平に見ようとは思うのですが、要所要所でこっそり比較してしまいます・・・。

上の子は特に必死に勉強しなくてもそこそこの成績だけど、下の子はつまずくことが多いです(汗)

でも下の子は料理や工作などが得意で、上の子にはない創造性があります。

足して二で割るとちょうどいいのになあ・・・なんて心の中で思ってます(笑)

コメントする

コメントする

いいね!3

ちっちちっちさん(千葉県)

ないです

コメントする

コメントする

いいね!2

グリーンのアイコン画像peonyさん(大阪府)

娘と息子
性別も違えば性格も全く違う
お姉ちゃんはこうなのに…とやはり言いがちになります…(-ω- )
ダメだとわかっているので 息子の良いトコは大袈裟に褒めますが…
子どもは敏感ですもんね…

コメントする

コメントする

いいね!4

グリーンのアイコン画像みかさん(埼玉県)

うちは、姉妹で2歳差ですが
性格も正反対、食べる量も正反対
全て正反対です

コメントする

コメントする

いいね!2

ブロンズのアイコン画像ひなこさん(鹿児島県)

姉は引っ込み思案で、弟は行動派。

どちらがいいというわけではないと頭では思っているつもりなのだけど、ついつい弟のようにもっと積極的にと言ってしまい、姉を傷つけてしまっていると反省しています・・・。

 

コメントする

コメントする

いいね!3

琴姫さん(兵庫県)

我が子は一人っ子なので兄弟の比べようがありませんが、ついつい他人の子と比べてしまいます。逆に子どもも都合が悪くなるとみんなだって○○やでって言うので、その時には、人は人、自分が悪いとわかっていることは、人がしてても真似しない!と言っています。勝手な理屈かもしれませんね。私自身は、妹がいて父親にはよく比べられていて嫌な気持ちになっていました。上の子どもは心理学的にはいい子であろうとして、下の子どもは上と同じでは親の気が引けないので、手を焼かすことで気を引こうとするって習いました。

コメントする

コメントする

いいね!2

ろみさんさん(大阪府)

弟は母の声かけ無しでも自分の事をするけど、
姉は、一つ一つ、母が声かけをしないと取りかからない❗と言った所、
誉められた弟と、注意された姉とで、
姉弟ケンカの火付け役になってしまいました。

コメントする

コメントする

いいね!3

ちろみさん(長野県)

今同居しているのは中3男子。

5つ違いの姉がいます。

年が離れているし性別も違うので、比較しているつもりはありませんが、主人からは接し方が全然ちがう、とよく言われます。男の子には母性を働かせる性質があるんでしょうかね。

ただ自分で思うのは、長女に対してはどちらかというと自分と比べてしまう気がします。

変なところが似てしまうんですよね。

テストで言えば、理系の弟のほうが頭の回転が速いのでわりと高得点、文系の姉のほうはじっくりマイペースで取り組むタイプで点数は…。

スポーツに関しても姉は水泳が得意。球技は苦手。弟はサッカー部で活躍していますが、マット運動などは大のニガテ(笑)。

こうして比較しても個性や個人差があるので、対象にはならないと思っています。

コメントする

コメントする

いいね!2

えりなさん(茨城県)

> ミルクさん

私のとこも一人っこです。気持ち分かります。

コメントする

コメントする

いいね!3

いちごんちさん(栃木県)

基本的に比べることはありません。一人一人違う人格ですから。

コメントする

コメントする

いいね!2

ブロンズのアイコン画像藍ちゃんさん(兵庫県)

ないようにしてますが時々してしまいますし言ってしまう自分が比べられて育てられ心に大きな傷が残り

今、メンタルクリニックに通院し服薬しないと生きていけない私です。子供達に同じ苦しみを味わせたくないので

個性や才能を尊重するように努めてます。

 

コメントする

コメントする

いいね!4

たるとさん(広島県)

うちは姉妹なのでやっぱり比べてしまう時があります。
下の子は上の子を見て大きくなってるせいか要領が良いように感じます。
そのせいか上の子に対しては小さい時から色々な心配事が多かったような。
こんな事を思ってはいけないのでしょうが、もう少し要領よく色々な事をこなしてくれたらなぁって思ってしまいます。
でも参考に出来る人がいない中、自分で考えて成長してきた上の子を本当は褒めてやるべきなのかなっと思う気持ちもあります。

コメントする

コメントする

いいね!3

もちパンダさん(青森県)

意識して比較しない様にしてる。それぞれの個性を尊重しています。

コメントする

コメントする

いいね!2

もちパンダさん(青森県)

意識して比較しない様にしてる。それぞれの個性を尊重しています。

コメントする

コメントする

いいね!3

グリーンのアイコン画像さちえねこさん(岡山県)

成人して家を出ている上の兄姉から7歳離れて一人っ子状態の我が子。上の時の苦労(?)を忘れたのか、兄はコツコツ努力してたし、姉は要領良くできてた気がして…。もう少し頑張って欲しくて、つい比べたようなことを言ってる気がします。
あんまり「頑張れ」と言わせないでくれよー笑

コメントする

コメントする

いいね!2

シルバーのアイコン画像かあかさん(奈良県)

ひとりっ子なので兄弟の比較はできませんが、習い事におられる方や、仕事で担任していた子を思い出したりしながら、この時期にはこのくらいできるのかなと成長の目安にしています。

コメントする

コメントする

いいね!3

シルバーのアイコン画像ミニトマトさん(茨城県)

男女の双子が我が家にいます。
双子を出産するまでは『双子=そっくり』と思っていましたが、二卵性の双子となると兄妹が一緒に生まれたという感じです。特に我が家の双子は性別も血液型も違い、性格も似ていません。
双子なのに似ている所を探す方が大変な感じです。

そんな2人とわかっているのに、生まれた時からいつの間にか成長過程を比べてしまっています。
例えば…『こっちは寝返り出来たのに、こっちはまだだなぁ…(。>ω<。)』等…
個人差がある事だと頭では理解しているつもりでも、身近に比較対象者がいるとつい比較してしまい、申し訳なく思います。
比較する事が一概に悪い!ではなく、比較する事がプラスに(競争心が高まる)なれば…とも思いました。

長男は中3。受験へ本格的取り組む時期となり、『○○くんは進学校へ受験』等、やはり比較する事が目につく時期ですが、息子が息子らしく過ごす事が出来る高校へ合格出来るよう、サポートしていきたいです(*´∀`*)ノ

コメントする

コメントする

いいね!5

プラチナのアイコン画像れいさん(和歌山県)

どうしても比較してしまいます。特にごはん。上の子はなんでも食べます。お弁当も嫌いな物でも残したことがありません。しかし下の息子は嫌いなものは絶対食べません、、、それを叱ってしまいます。また成績も。

コメントする

コメントする

いいね!2

トモさん(奈良県)

兄弟を比較したら子供達を傷つけてしまうことになるのでしないようにしています。子供達のそれぞれの良い所をみるように意識しています。大人でも比べられるとしんどいですよね!
その子のあるがままを受け入れる。これを目標に子育て頑張っています。

コメントする

コメントする

いいね!3

トミーさん(静岡県)

うちの子は8つ年が離れているので、比べようがないですが、私自身が出来の良い妹と弟がいて、今でも親に比べられツライので、子供にはそんな思いをさせたくないな~と思っています。

ブロンズのアイコン画像からし明太子さん(宮城県)

自分が妹と比べられていい思いをしなかったので、比較したくないのですが…つい子どもには言動がそうなっています。
良いところ、そうでないところがあっての子ども達なので、全部まとめてみるようにしたいです。

コメントする

コメントする

いいね!1

りんりんこさん(山口県)

長男高2、長女中3とても仲良しです。
偶然にも2、3日前の食事の際、兄弟姉妹で比べる話になったんですけれど、うちの子はお互いに自分の方が全てにおいて勝っていると豪語していました(笑)親から見たら子供たちがポジティブ過ぎて笑えて仕方ありませんでした。

コメントする

コメントする

いいね!3

グリーンのアイコン画像あさかなおかんさん(東京都)

うちは男子二人です。

比較はしますが、差別はしないようにしています。
年が近いのでお兄ちゃんだからとか弟だからとかとは言ってません。
ただ、その弊害なのか
兄が弟にたいして同じことがなんでできないの!と責めることがあるので
「2才下なんだからできないこともあるからできなくても責めないの。あなたもその年の時はできなかったでしょ?」
と言うことはあります。

コメントする

コメントする

いいね!1

メイコミュナビゲーターダイスケさん(東京都)

メイコミュナビゲーターのダイスケです。

皆さん、沢山の書き込みありがとうございます!

法政大学の心理学科教授の渡辺弥生先生からいくつかの書き込みにコメントをいただきました。

※このトピックスは、皆さんのコメントと共にメイコミュの読み物記事としてまとめて公開予定です。お楽しみに!

・ミニトマトさん

 子ども達ひとりひとりが違うことが、毎日の生活のなかでは苦労なことも多いですよね。一緒にスヤスヤ寝てほしいとか、一度言ったらどちらも聞き分けて欲しいといったお気持ちよくわかります。でも、ちょっと考えてみると、金太郎あめのようではなく、個性という違いをもっていることが、実はそれぞれすばらしい宝物だということに気がつきます。生まれたときにはもう、環境の変化に順応しやすさや敏感さなどの違いがあり、生まれてからの環境の影響を受けて、性格の違いを感じるものです。

 ただし、親御さんが感じる性格というのは実は曲者です。正しい性格理論にのっとった理解ではなく、目の前にいるたった二人、あるいは三人のなかで比較して決めた偏見だったりするのです。子どもの気持ちからすると「あんたはお兄ちゃんより乱暴ね」といった対応は、悪いレッテルを貼られたようになってしまい、よけいその傾向を強めたりしてしまいます。それよりも、「乱暴な」⇒「積極的な」というようにリフレーミング(良い見方に変えること)して、その子の良い個性として伸ばしていくとよいでしょう。

・藍ちゃんさん

 ご自分が経験のなかで学んだことを繰り返さないで、子ども達に対しては個性や才能を尊重されているとのこと、すばらしいです。他人と比べてばかりいると、なかなか幸せな気持ちにはならないですよね。上か下、勝つか負けるかというものさしで生きているのは苦しいし、何が上なのか、何が勝ちなのかわからないのにふりまわされるだけになります。

 人はみな平等で、ひとりひとりが自分の前をみてすてきな一歩を踏み出せることを考えるとよいといわれています。他人と比べるのではなく、自分の今を理解して、さらに努力して前に1歩踏み出すことです。自分の中で自分の努力や頑張りを認められるようになることが幸せを実感できるようになります。

 人はみんなすばらしい資源をもっています。弱い自分と思っていてもそれは優しさであったりします。自分の良さを自分で認めてやり、優しい言葉をかけましょう。さらに、親からも見守ってもらえ、応援してもらえるとき、それは強さやしなやかさも育てることになります。

・ひろりんこさん

 勉強させたい、◎◎という理想に近づけたい、と思えば思うほど、そのようにしない子ども達をみるともどかしいですね。そのもどかしさはわかりますが、もし、お母さんが中学生のお子さんの立場だったらどうでしょう。いつもきょうだいと比べられて、叱られてばかり。いろいろなことを頑張っているのに、成績のことばからガミガミいわれる。だめな子どもだとレッテルを貼られてると思ったら、どうでしょう。「よし、お母さんのいうように頑張ろう」と思い返せるでしょうか。

 「お兄ちゃんに比べてだめだ、自覚がない」と繰り返し言われると、全人格にレッテルを貼られた気持ちになり、よけいにやる気がなくなったり、イライラするようになってしまいます。悪循環です。人はやはりあたたかく認めてもらいたい動物です。下のお子さんの良いところをまず探してあげましょう。がむしゃらじゃないところは、もしかしたら「穏やかさ」「慎重な」「熟考型」など違った面で資源(リソース)となる良いところを持っているはずです。

 「あなたは、こういうところが素敵だね」と個性を見つけて評価してあげると、その嬉しさは大きなパワーにつながるでしょう。また、目標は、その子がちょっと頑張ればできるところに設定してあげて、そこまで達成したらきちんとほめてあげるといいですね。成功体験をもたせることが大切です。

コメントする

コメントする

いいね!3

シルバーのアイコン画像ひーこさん(兵庫県)

ありますね!
長男は私学しか行けない学力で、来年受験を迎える長女、長男ほど成績は悪くはないがLINEばかりしていたらドンドン成績が悪くなり、ついつい長男の事を出してしまいます。悪い例を長男を使うのはダメと分かりながら気付けてると思います。

さっちーさん(埼玉県)

ありますねー。
妹が出来るのに兄が出来なくてどーのこーのとか?まぁ、しょうがないですね(笑)

コメントする

コメントする

いいね!2