明光保護者が集まるコミュニティ
メイコミュ

季節のフルーツ・梨が当たる!8月のメイコミュ掲示板投稿キャンペーン!
 

メイコミュVoice

何歳から持たせる? ルールは必要? 子どものスマホ&SNS事情

みなさんのご家庭では、お子さんにスマホや携帯端末を持たせていますか? また、SNSの利用にはルールを設けているでしょうか。便利な反面、トラブルや犯罪に巻き込まれることもあるスマホやSNS。それぞれのご家庭の事情について、メイコミュユーザー86名と507名の一般の保護者(※)に聞きました!

※一般的の保護者はネットリサーチ会社Fastaskを通してアンケートを実施

もくじ

その1. スマホはいつ、何をきっかけに持たせている?

お子さんは現在どんな携帯電話を持っていますか?

お子さんは現在どんな携帯電話を持っていますか?

お子さんがスマートフォンを持ったのは何年生の時ですか?

お子さんがスマートフォンを持ったのは何年生の時ですか?

ナオミ
スマホを持たせるタイミングとしては中学校や高校へ進学するときが多いようです。中学生の間にスマホを所持させる割合は45.4%、持たせ始めるタイミングとして最も多いのは高校1年生で26.6%でした。
中学生は約半数が、高校生になると9割以上がスマホを持っています。子どもが大きくなるにつれてフィーチャーフォンからスマホに移行する傾向があり、年齢が上がるにつれて連絡手段として携帯端末を持たせる以上の役割を許容していることが見てとれます。
お子さんにスマートフォンを持たせたきっかけを教えてください

お子さんにスマートフォンを持たせたきっかけを教えてください

お子さんにスマートフォンを持たせた理由(きっかけ)を教えてください。

中学校卒業が近くなり、卒業後友達と連絡を取り合うため本人が欲しがった。第一志望の高校が合格したら学校がとても遠いため連絡手段として必用だと思ったから。公衆電話もなかなかないので。

がまら(お子さんの年齢・性別:中学校3年生・男子)

基本は塾や習い事に一人で行くことが多かったので、その連絡用です。急にお迎えの時間が変わったりもしたので。おまけに塾や習い事は電車やバスを利用していたせいもあります。それと、子どもがスマホを持ちたいと言っていたからです。

れい(お子さんの年齢・性別:高校1年生・女子)

小学校6年生の時にクラスの半数がスマホを持ち、LINEなどのSNSで連絡を取り合い始めたため。

ハルパパ(お子さんの年齢・性別:中学校1年生・女子)
スマートフォンを持たせない理由を教えてください。

本人(子ども)は欲しいようですが、受験生である事とトラブル防止のため、高校生までは持たせません。
スマホ所持が当たり前となりつつある昨今ですが、使用のあり方やトラブル回避のために高校までは自宅のWi-Fiを利用してiPod touchを使用しています。トラブル回避の為に使用をさせたくないのが正直なところですが、友達との付き合いもあるようなので自宅のみで管理できるように持たせておりません。

ミニトマト(お子さんの年齢・性別:中学校3年生・男子)

LINEのトラブルや、いじめなどを聞くからです。既読なのに返事が遅いだけでイジメがあると聞いて驚きました……。親のわたしでも、LINEは面倒くさいです。いちいち携帯をチェックしたりと、色々と煩わしい事を、小学生のうちから苦労してほしくないなというのが正直な気持ちです。

ななみ(お子さんの年齢・性別:小学校5年生・男子)

家では練習のために使っていますが、外ではまだ必要ではないし、友達とのコミュニケーションもなくなるのではと思うので、持たせていません。まわりもまだスマホでない子も多いので。

まぴまぴ(お子さんの年齢・性別:中学校1年生・女子)
ナオミ
子どもにスマホを持たせたくないと考えている保護者も「家の中では使わせている」「Wi-Fiがある環境で使えるiPod Touchを持たせている」と柔軟な対応をとっている人が少なくないようです。

その2. どんなサイトやアプリを利用している?

お子さんが使用しているスマートフォンにダウンロードしたアプリでご存知のものをお選びください。

お子さんが使用しているスマートフォンにダウンロードしたアプリでご存知のものをお選びください。

あなたはお子さんのスマートフォン利用をどんな方法で制限していますか?

あなたはお子さんのスマートフォン利用をどんな方法で制限していますか?

あなたはお子さんのスマートフォン利用をどんな方法で制限していますか?

ナオミ
LINEなどのメッセンジャーアプリをダウンロードしているという回答が一番多くなっています。
小学生には保護フィルターをかけることで、中学生には家のルールを守らせることで、トラブル対策をしている家庭が多いようです。また、高校生になると本人に任せる家庭が増加。子どもの成長にあわせた対策をされているのですね。

その3. スマホの使い方、どんなふうに話しあっている?

あなたはスマートフォンの使い方、時間などで普段お子さんと衝突したことはありますか?

あなたはスマートフォンの使い方、時間などで普段お子さんと衝突したことはありますか?

スマートフォンやSNSに関して、お子さんと衝突したことを教えてください。

小学生の頃は好奇心が勝るため、友人から教えて貰った怪しげなサイトにアクセス。発覚した時点で「何故いけないのか」「何が危険なのか」を説明しても、禁止される事自体が嫌で、反抗し、嘘までついて隠れてコソコソ続けていた。(俗に言う反抗期真っ只中でした)最後は「これ程言っても理解できないのは、親の私が育て方を間違えたに違いない」と話した事で、事の重大さに気づいたらしく、自身で考え、行動を改めた。

まさまま(お子さんの年齢・性別:高校1年生・男子)

アプリを勝手に落としてケンカになりました。中学生のころは、私がOKしたものしか落としてはいけないという約束をしていたにもかかわらず、勝手に落としたので。

れい(お子さんの年齢・性別:高校1年生・女子)

友達との会話を見たり干渉されるのを嫌がりますが、高い携帯料金を親が支払っている現実も理解してもらい、了解してもらっています。

ハルパパ(お子さんの年齢・性別:中学校1年生・女子)

夜中までLINEをしているので注意をした。

ももうら(お子さんの年齢・性別:中学校2年生・男子)
スマートフォンを使う時の留意点やSNSについて家庭内でお子さんと話し合っていますか?

スマートフォンを使う時の留意点やSNSについて家庭内でお子さんと話し合っていますか?

ナオミ
「話し合う」および「話し合っていないが、必要だと思っている」が83.8%を
占めました。多くの家庭でスマホやSNSについて話し合う必要性を感じているようです。
お子さんのスマートフォンやSNSの使用に関する家庭内のルールを教えてください。

課金サイトにはいかない。出会い系サイトなど危険なところにはいかない。時間を決めて使用する。SNSは許可した人にしか公開しないようにする、もしくは個人が特定されないように気を付けること。テストの成績が悪かったら、次回のテスト前には携帯を親に預けること。

かにちゃん(お子さんの年齢・性別:中学校3年生・女子)

使用場所はリビングのみ。9時以降は使わない。スマホでわからないことは、友達でなく家族にきく。アプリのダウンロードは、親がやる。

みち(お子さんの年齢・性別:小学校6年生・女子)

固定した友達としかLINEしない。むやみにLINE交換などをしない。親の承諾がないとアプリをダウンロード出来ないような設定になっている。

ななみ(お子さんの年齢・性別:小学校5年生・男子)

現在は自身でルールを作り、自己管理している。(例)自室には持ち込まない・午後8時~12時は学習時間の為、やり取りをしない(友人全員での取り決め)=深夜にLINEを再開するのはどうかと思うが、結局30分もしないうちに爆睡しているから、声だけ掛けて放置している基本料金以上は利用しない。

まさまま(お子さんの年齢・性別:高校1年生・男子)

自分の部屋には持ち込まず家ではリビングで使う。課金はしない。アプリケーションなどのダウンロードは勝手にやらない。

がまら(お子さんの年齢・性別:中学校3年生・男子)

夜10時以降のスマホは禁止しています。アプリのダウンロードに制限をかけており、親の了解を得ないとダウンロード出来ないようにしています

ハルパパ(お子さんの年齢・性別:中学校1年生・女子)
あなたがお子さんにスマートフォンを持たせてよかったと思うことを教えてください。

あなたがお子さんにスマートフォンを持たせてよかったと思うことを教えてください。

あなたがお子さんにスマートフォンを持たせなければよかったと思うことを教えてください。

あなたがお子さんにスマートフォンを持たせなければよかったと思うことを教えてください。

ナオミ
「スマホを持たせて良かった」ことのトップは「親子のコミュニケーションが増えた」という回答。一方で持たせなければよかった理由は、「勉強に集中できない」に続き、「LINEやSNSでトラブルに逢うか心配」が挙げられました。実際に6.5%が「トラブルがあった」と回答。スマホの良い面と悪い面が浮き彫りになる結果となりました。
ダイスケ
こんなにたくさんの子どもが専用端末を持つ時代は前例のないこと。どのご家庭でも事前にルールを決めたり、制限を設けたりして、手探りながらしっかりと子どもたちを守るための対策をされていますね。
ナオミ
思春期の子どもたちを完全な監督下におくことは難しいですが、親子のコミュニケーションを大切にして、危険から守っていきたいですね。
「いいね!」すると王冠マークをプレゼント!詳しくはこちら いいね!27
この記事の感想をメイコミュ掲示板で募集しています! 記事の感想はこちら