明光保護者が集まるコミュニティ
メイコミュ

ハーゲンダッツギフト券が当たる!明光義塾に通って、お子さまに起きた変化アンケート
空気清浄機・調味料詰め合わせが当たる!1月のメイコミュ掲示板投稿キャンペーン!
 

メイコミュVoice

みんなどうしてる?子どものスマートフォン利用

みんなどうしてる?子どものスマートフォン利用

明光義塾の保護者のみなさんに、お子さんのスマートフォンやタブレット端末の利用状況について、アンケートをとりました。スマートフォンやタブレット端末を使用するときのお子さんへの指導は、多くの保護者が課題としているテーマのようですね。みなさんも一緒に考えてみてください。

もくじ

その1. スマートフォン&タブレット端末使用のルール

ダイスケ
2015年実施の「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」(※1)によると、調査を実施した中学生のうち59.7%がスマートフォンを所有していると回答しました。中学生の半数以上がスマートフォンを使用している状況ですが、保護者にとってはどこまで管理していいのか難しい問題ですね。
明光義塾の保護者はご家庭でどのようなルールを作っているのか聞いてみました。
Q. スマートフォンの使用について家庭での決まりごとを教えてください。

食事中と夜12時以降はやらない。

 ズッコ(女性・50代) お子さんの年齢:中学校3年生

基本は居間で使い、使う時間帯はできるだけ決める。遅い時間は基本使わない。

 はま(女性・40代) お子さんの年齢:小学校5年生

夜10時以降は使用禁止。学習の予定が終了してから使用可能にし、家庭内ルール違反や成績下降の場合没収。

 ハレリ(女性・30代) お子さんの年齢:中学校2年生

夜12時以降は親に預ける。

 しろうさ(女性・50代) お子さんの年齢:中学校3年生

スマートフォンやタブレット端末については「時間」についてルールを決めているご家庭が多いようですね。スマートフォンやタブレット端末は様々な情報にアクセスできるので、ついだらだらと使ってしまいますよね。
勉強だけでなく、家族のコミュニケーションの障害になってしまうので、ルール作りで時間を決めることが大切と考える家庭が多いようです。

▲もくじに戻る

その2. スマートフォン&タブレット端末の学習活用

ダイスケ
子どもたちが夢中になるスマートフォン&タブレット端末、どうにか学習にも役立ててほしいと考えている保護者の方も多いと思います。
子どもたちは、スマートフォン&タブレット端末のどのような機能を学習に生かしているのでしょう?
Q. 学習に生かしているスマートフォンの機能をがあれば教えてください。

調べ物、自由研究のヒントを得るため。

 ゆかちゃん(女性・40代) お子さんの年齢:小学校4年生

分からない英単語は電子辞書よりも先にアプリで調べている。

 ラグドール(男性・40代) お子さんの年齢:高校2年生

ニュースの内容を調べたり歴史クイズをしたり。

 はま(女性・40代) お子さんの年齢:小学校5年生

英単語 、漢字に活用。

 みこみこ(女性・40代) お子さんの年齢:中学校3年生
ナオミ
スマートフォンやタブレット端末は、主にインターネットやアプリによる調べ物に使われているみたいですね。検索キーワードを入力するだけで、その意味だけでなく、関連情報も出てくる点が従来の辞書とは違うところです。
欲しい情報をいかに見つけるかという「検索力」もこれからの時代は大切になるかもしれないので、お子さんと一緒に考えていきたいですね。

▲もくじに戻る

その3. スマートフォン&タブレット端末に望むこと

ダイスケ
スマートフォン&タブレット端末で、明光義塾の保護者のみなさんが、今後どのような機能を望み、活用したいと考えているのかを教えてもらい、ランキングにしてみました。
Q.スマートフォン&タブレット端末に望む学習機能は?
  1. <1位 映像授業のアプリケーション>
    図説やグラフなどを交えながら映像で観ることにより、わかりやすく学習できることを期待されているようですね。多くの会社がサービスを提供していますが、高価なものもありますのでよく見極める必要がありそうです。
  2. <2位 問題演習>
    ゲーム感覚で問題を解くことで、「単語カード」のようにスマートな学習ができることが望まれているようです。ただ、実際に書くことで理解が深まることも多いので、バランス良く使いたいですね。
  3. <3位 学習スケジュール管理>
    意外と多かったのがこちらの機能。スマートフォンやタブレット端末なら、見やすくわかりやすいスケジュールで学習意欲を高めることができるかもしれません。実際に高評価を得ている学習管理アプリケーションもあるようなので、探してみてはいかがでしょうか?
ナオミ
文部科学省が2020年までに全国の小中学校でのタブレット端末による教育を開始することを目標にしていると報道されています。これからの時代の子どもたちとは切っても切り離せない、スマートフォンやタブレットなどのIT端末。上手につき合っていけるよう、保護者もサポートしていきたいですね。

▲もくじに戻る

(※1)デジタルアーツ株式会社「未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査」
http://www.daj.jp/company/release/common/data/2015/020901_reference.pdf

「いいね!」すると王冠マークをプレゼント!詳しくはこちら いいね!3
この記事の感想をメイコミュ掲示板で募集しています! 記事の感想はこちら