明光保護者が集まるコミュニティ
メイコミュ

季節のフルーツ・梨が当たる!8月のメイコミュ掲示板投稿キャンペーン!
 

メイコミュ情報局

教室長に聞きました! 実力アップにつなげる夏休みの過ごし方

教室長に聞きました! 実力アップにつなげる夏休みの過ごし方

毎日たくさんの生徒と向き合い、進路や学習について相談にのっている明光義塾の教室長に、実力アップの方法や合格へ向けた取り組み方をうかがう連載。今回は、一橋学園教室の福田悠一教室長に「夏休みの過ごし方」について聞きました!

もくじ

その1. 宿題は7月のうちに片付け、後半は夏休み明けの授業の準備を

ナオミ:
もうすぐ子どもたちが楽しみにしている夏休みがやってきます。実力を伸ばすためのとても大切な時間になるはずですが、子どもたちはどのように過ごしたら良いのでしょうか?
福田教室長:
まずはやるべきことの全体を把握して、優先順位をつけたうえで学習計画を立てましょう。とくに部活を引退したての受験生は「あれもやろう、これもやろう」と予定を詰め込みすぎる傾向があります。まずは苦手な単元を克服し、夏休み明けの授業の準備まで終わらせることを目標に計画を立てましょう。
大枠の考え方としては、学校の宿題は7月中に終わらせ、8月は苦手の克服や夏休み明けの授業の準備に使います。宿題を一通り終えるなかで、苦手な単元や理解していなかった箇所が浮き上がってくるはずです。8月はそれらを克服するために時間を使いましょう。

教室長に聞きました! 実力アップにつなげる夏休みの過ごし方

ナオミ:
学校の宿題だけでは、幅広い単元を復習できないように思うのですが……。
福田教室長:
定期テストや模擬試験の振り返りも必要です。テストの結果で不安なことがあれば、いつでも塾にご相談ください。重点的に勉強すべき箇所を一緒に考えてみましょう。
もし「わからないところがわからない」という状態に陥っているのであれば、学力診断テストや模擬試験などを受けてみてください。大切な夏休みの時間が有効に使えるようになりますよ。
ナオミ:
夏休み明けの授業の準備とは何をどのくらいすべきでしょうか?
福田教室長:
理想は8月の後半を夏休み明けの授業の準備に充てることです。少なくとも教科書に目を通しておくことぐらいはしておきたいですね。自宅での予習はなかなか難しいと思うので、塾を活用してください。1学期に続き、2学期にも出てくる単元をしっかり復習して理解しておくことも準備のうちです。
ポイント2学期は授業のスピードが早くなる!
ガイダンスやオリエンテーションが多かった1学期に比べて、2学期の授業の進行スピードは格段に早くなります。そのため1学期と同じような姿勢では授業についていけなくなってしまうことも……。
受験生にとっては内申点が決まる重要な学期でもあります。夏休み中に復習・予習をしっかりして、少しリードした状態で2学期のスタートを切りましょう!

その2. 「いつ何をやるか」をスケジュール帳に書き込もう

ナオミ:
学習計画を立てる際のポイントはなんですか?
福田教室長:

自習時間に何をするかまで、具体的にスケジュール帳に書き込んでおくことです。苦手な科目や単元に手をつけるのはなかなか大変なことなので、場当たり的に「今からやろう」という気にはなれません。「いつ何をやるか」を明確にしておくことで取り組みやすくなります。

(スケジュール帳の書き方の例)
17:00〜18:00 ◯◯ワーク 10ページ〜12ページ
ナオミ:
スケジュールは保護者も一緒に考えた方がいいのですか?
福田教室長:
それではいつまでも自立学習ができなくなってしまいますので、計画立案はできるだけ本人に任せてください。できあがったスケジュールは保護者にも見えるところに置き、進捗を確認できるようにします。
スケジュールを共有しておけば保護者はむやみに「勉強しなさい」と言う必要がなくなりますし、本人も自分のペースで取り組むことができます。これで結構、家庭内のストレスは軽減するんですよ。

教室長に聞きました! 実力アップにつなげる夏休みの過ごし方

ポイント保護者はペースメーカーに
「スマホばかりいじっていないで勉強しなさい」「今からやろうと思っていたのに!」
こんなやりとりに覚えはありませんか? 子どもがいつ勉強しているのか分からないと、保護者はつい心配しすぎたりイライラしたりしてしまうもの。子どもが本当に「もう少ししたら勉強しよう」と思っていたタイミングに言ってしまうとやる気を削いでしまいます。
スケジュールを共有しておけば「今日は◯◯をすることになっているけど、終わった?」と、かける言葉が変わります。子ども自身も自ら立てたスケジュールはそうそう破るわけにはいかないので、正直に答えるようになります。
保護者は子どもが立てたスケジュールのペースメーカーになるつもりで、進捗確認に徹しましょう。

その3. 志望校を探す時間にしよう

ナオミ:
昔から「勝負の夏」という言い方をしますが、どうして夏に頑張ると実力がつくのでしょうか?
福田教室長:
実は意識の変化が大きいのだと思います。夏休みに志望校の見学などに行くと目標が定まり、やる気が出ますよね。具体的にやるべきことが見え、逆算して勉強できるようになるからでしょう。
ナオミ:
夏休みは進路について考える時間を設けられると良さそうですね。
福田教室長:
はい。高校のオープンスクールは3年生だけでなく、1・2年生の見学も歓迎していますから、お子さんが何年生であろうとぜひ見に行かれるといいと思います。また、中学生のうちから将来の目標や夢を考えてみましょう。「〇〇になるためには、大学に行く必要がある。だからこの高校に行かなきゃ…!」という高いモチベーションにつながります。

福田教室長からのメッセージ

夏休みの期間はとくに明光義塾をめいっぱい活用していただきたいと思います。授業が入っていない時間もどんどん塾に来て自習室として活用してください。学校や塾の宿題をしてもいいですよ。

Profile

教室長 福田悠一

一橋学園教室 教室長 福田悠一
教室長歴:5年
座右の銘:試行錯誤
尊敬する人:仕事のバランス感覚を教えてくれたかつての上司

「いいね!」すると王冠マークをプレゼント!詳しくはこちら いいね!21
この記事の感想をメイコミュ掲示板で募集しています! 記事の感想はこちら
▽こちらの記事もおすすめ!

「教室長に聞きました! 実力アップにつながる春休みの過ごし方」
http://www.meiko-community.jp/report/teacher/spring_vacation.html
「教室長に聞きました! 勉強を部活と両立させるスケジュールの考え方」
http://www.meiko-community.jp/report/teacher/schedule.html
「教室長に聞きました! 親子でやろう、テストの振り返り」
http://www.meiko-community.jp/report/teacher/test.html
「教室長に聞きました! 何を話せばいい? 面談のポイント」
http://www.meiko-community.jp/report/teacher/conversation.html