明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

メイコミュクッキング:夏休みに大活躍! 夏のつくりおきレシピ

カテゴリー:生活&サポート

メイコミュクッキング

メイコミュクッキング:夏休みに大活躍! 夏のつくりおきレシピ

メイコミュクッキング:食わず嫌いはこれで解決!苦手な野菜の克服術

夏休みも中盤。毎日の食事作りに疲れてきていませんか? 夏場こそ常備菜を上手に活用して家事を楽にしましょう。今回は料理研究家の満留邦子先生に、簡単にできてアレンジ自在なつくりおきレシピを2品教えてもらいました。ぜひ作ってみてくださいね。

ご飯のお供にも、豚しゃぶにかけても。「山形風だし」

『山形の郷土料理「だし」風』

「山形風だし」は、夏野菜と香味野菜を細かく刻んで混ぜ合わせた料理。さっぱりとした味わいで、そのままご飯や冷奴にかけたり、豚しゃぶにかけたり色々な食べ方が楽しめます。
【保存期間は冷蔵で3日程度】

材料(6〜8人分)

材料(6〜8人分)
なす 2本
きゅうり 2本
みょうが 2個
青じそ 10枚
玉ねぎ 1/8個
細切り昆布(がごめ昆布) 5g
かつお節 5g
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
小さじ1/3

作り方

  1. 1.なすはみじん切りにして5分ほど水に浸し、アクを抜く。

    POINT

    なすやきゅうりをみじん切りにするときは、薄切り→細切りにしてから刻むと効率的です。

     薄切り→  細切りにしてから  刻む 

  1. 2.きゅうり、青じそ、玉ねぎ、みょうがをそれぞれみじん切りにする。
  2. 3.みりんを小さめの耐熱容器に入れ、ラップをかけずに電子レンジで20〜30秒ほど加熱しアルコールを飛ばす。(※加熱時間は適宜調整してください)
  3. 4.水気を切った【1】【2】【3】、その他すべての材料を混ぜて、冷蔵庫で冷やしながら味をなじませる。

     すべての材料を加えて混ぜる  すべての材料を加えて混ぜる 

  4. 5.昆布が水気を吸い、野菜がしんなりしてきたら食べごろです。

    『山形の郷土料理「だし」風』

ナオミ
さっぱりしているので、暑くて食欲がないときもこれなら食べられそうです。そうめんのつゆや納豆に和えても美味しくいただけそうですね!

冷やし中華やフォー、カオマンガイにも使える!「しっとり茹で鶏」

しっとり茹で鶏

鶏肉を香味野菜と一緒に茹でたシンプルな常備菜ですが、うまみたっぷり。肉とスープの両方をアレンジして使うことができます。そのまま食べても、冷やし中華やエスニック料理に使っても美味しくいただけます。(保存期間は冷蔵で3〜4日程度)

材料(約4人分)

材料(約4人分)
鶏もも肉 2枚(約600g)
大さじ1/2
大さじ2
香味野菜 適量(長ねぎの青い部分やしょうがの皮など)
3カップ(※目安です。鍋に入れた肉が浸る程度)

作り方

  1. 1.鶏肉の脂身を取り、余分な皮があれば取り除く。火が通りやすいよう他に比べて厚みがある部分には切り込みを入れる。

    POINT

    余分な脂身は皮と身の間にあります。

    余分な脂身は皮と身の間にある  余分な脂身は皮と身の間にある

  2. 2.鍋に【1】、水、香味野菜、塩を入れて中火にかける。煮立ってきたらアクをとり、3分ほど煮続ける。

    水、香味野菜、塩を入れて中火にかける

  3. 3.蓋をして火を止め、20分蒸らす。
  4. 4.冷めたらスープや香味野菜ごと保存容器に移し入れ、冷蔵庫で保存する。

    冷めたらスープや香味野菜ごと保存容器に移し入れ、冷蔵庫で保存する

茹で鶏と茹で汁を使った冷やし中華のレシピ

  1. 1.茹で鶏をひとくち大にそぎ切りにし、きゅうり、トマト、茹でたもやしと一緒に茹でた中華麺の上にのせる。
  2. 2.タレ(1人分:茹で鶏のスープ、しょうゆ、酢、砂糖各大さじ1とごま油少々)をかけて、できあがり!

    茹で鶏と茹で汁を使った冷やし中華のレシピ

ナオミ
ナオミ
茹で汁に浸けておくから、時間が経ってもしっとりジューシー!鶏肉のうまみがぎゅっと閉じ込められていて、噛めば噛むほど味が染み出てきます。バンバンジーにも使えそうですね。

満留先生からのメッセージ

「山形風だし」は、たっぷりかけて食べてほしいので薄味にしています。しょうゆなどをお好みで足してくださいね。時間が経つほど味が馴染み食べやすい味になりますよ。
「しっとり茹で鶏」は、スープもとっても美味しいですよ。鶏のうま味がしっかり出ていて、塩味もあるので、お湯で伸ばしてお召し上がりください。

講師紹介

満留 邦子(みつどめ くにこ)

満留 邦子(みつどめ くにこ)

■料理研究家 管理栄養士
料理研究家アシスタントを経て独立。書籍、雑誌、テレビなどで活躍するほか、食に関するコンサルティングなども行なっている。

■著書
『ごはんのおとも The OTOMO recipe book』『そうめん The SOMEN recipe book』『焼きそば The YAKISOBA recipe book』(成美堂出版)

■ホームページ http://www.mitsudome.jp/

こちらの記事もおすすめ!

この記事へのコメント

1件のコメント - この記事の感想を募集しています!

Kちゃんさん(東京都)
美味しそう?
試してみまーす?