明光義塾のコミュニティサイトメイコミュ

メイコミュ情報局

会話の時間は足りている? みんなの家庭内コミュニケーション事情

カテゴリー:コミュニケーション

大人も子ども多忙を極める今の時代、家庭内の会話は十分に足りているのでしょうか。みなさんのご家庭では、お子さんの悩みや将来について話し合っていますか? メイコミュでは家庭内のコミュニケーションについて、メイコミュユーザー150名と一般の保護者600名(※)にアンケートを実施。回答をまとめました。

※一般の保護者はネットリサーチ会社Fastaskを通してアンケートを実施。メイコミュユーザーは自由回答にご協力をいただきました。

パートナーとお子さんのことについて話し合いをする場合、何について話すことが多いですか?

パートナーとお子さんのことについて話し合いをする場合、何について話すことが多いですか?

ナオミ
お子さんのことをパートナーと話し合う場合は、「その日の出来事(58.5%)」がテーマになることが最も多いようです。「成績(54.5%)」「クラブ・部活動(49.8%)」がその後に続き、直近であった身近な出来事が話題になっていることがわかりました。

お子さんとは1日平均どのくらい会話をしますか?

お子さんとは1日平均どのくらい会話をしますか?

お子さんとは1日平均どのくらい会話をしますか?

ナオミ
「1時間未満」と回答した方が最も多く、次いで「1〜2時間未満(28.5%)」、「2〜3時間未満(8.0%)」が続きました。性別を分けてみると、父親は66.3%、母親は42.3%が会話の時間は「1時間未満」と回答しており、父親の方が子どもとの会話が少ない傾向がみられます。

トータルで1時間以上は話します。毎日夕ご飯のときに学校の事や塾の事を聞いたり話したりしています。

ふ~み・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

朝は早く、忙しく、夜も塾で帰ってきてもお風呂に入って寝るような生活なので、平日は必要事項のみお互いに連絡する感じです。その分、休日はゆっくり会話するよう心がけています。

yuka・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

1日20分くらいしか話しません。学校や部活、友人関係のことを話しかけます。子どもは学校から帰ったら、すぐに自分の部屋へこもってしまうので、なかなか話す機会がありません。

ありす・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

ほとんど話しません。何か聞くと「べつに!」とか「知らない!」とか言われます。挨拶だけはと思って「おはよう」「いってらっしゃい」など話しかけますが、無視されたり聞こえないような小さな声で返ってきたりします。

オラフ・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

1日に15分程度です。日によって差はありますが平均値です。ほとんどが学校でのこと、テストや友達・部活のこと。たまにゲームの話もします。基本的に本人が忙しいのでゆっくり話せないです。

ジオロジ・男性(お子さんの年齢:中学校1年生)

お子さんのことをどれくらいの頻度で叱りますか?

お子さんのことをどれくらいの頻度で叱りますか?

ナオミ
子どもと会話していると回答した582名を対象に、子どもを叱る頻度を調査したところ、最も多かった回答は「2〜3日に1度(21.0%)」次いで「月に1回以下(18.7%)」、「月に数回程度(15.8%)」となりました。一方で「叱ることはない」という回答も8.5%存在し、家庭によって叱る頻度はばらつきがあるようです。

子どもを叱る頻度の母親・父親別傾向

子どもを叱る頻度の母親・父親別傾向

子どもを叱る頻度を母親と父親との回答別に集計したところ、父親に比べ母親が叱っている頻度が高く、母親で最も高かった叱る頻度は「2~3日に1度」で26.5%、父親では「月に1回以下」が最も多く24.7%となりました。

お子さんを叱る原因は何ですか?

お子さんを叱る原因は何ですか?

ナオミ
叱る原因について聞いたところ、最も多かった回答は「礼儀・マナー(65.7%)」で、「スマートフォン (33.8%)」、「ゲーム(28.7%)」が続きました。その他の回答としては「生活態度」や「整理整頓や片付け」、「就寝時間・寝坊」がありました。

母親・父親別傾向

母親・父親別傾向

ナオミ
母親と父親では叱る内容には違いがあり、母親は「スマートフォン」 や「ゲーム」「スケジュール管理」が原因となって叱ることが多い一方、父親は「礼儀・マナー」に関して叱ることが多いということがわかりました。

ふだん仕事から帰宅すると、子どもはすでに帰宅しているのですが、なかなか帰ってこなかったときはかなり怒りました。友達の家で遊んでいたのですが、友達の親に帰すように言ってもなかなか帰ってきませんでした。やはり、いつもの時間に帰宅していないと心配になります。

まりりん・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

テスト前なのに勉強しない。時間の有効活用ができないので口うるさく言ってしまいます。

ひいにゃ・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

最近怒ったことはありません。なるべく話すことでこちらが思っていることを伝えようと心がけています。

ひーちゃんママ・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

スマホをいじり過ぎ。帰宅時間を守らない。家族に対しての口の利き方が乱暴すぎる。

どこでもゆきちゃん・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

言われたことを後回しにした上に忘れてしまったので叱りました。何回も同じことがあったためです。一回では叱りません。

ジオロジ・男性(お子さんの年齢:中学校1年生)

スマホばかりいじっていて、受験生の自覚がないように思えて叱りました。

たまほまま・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

お子さんの日々の学習内容を把握していますか?

お子さんの日々の学習内容を把握していますか?

ナオミ
日々の学習内容を「把握している」と回答したのはわずか9.2%。「どちらかというと把握している」という回答は38.3%でした。「把握していない」と 「どちらかというと把握していない」を合わせると、28.8%が子どもの学習内容を把握できていないという結果となり、学習内容自体の関心はあまり高くはないようです。

毎日の勉強やテスト週間の勉強は本人に任せており、あまり口をはさみません。放任している訳ではなく、事前に学習については話し合っています。

ドキン・女性(お子さんの年齢:中学校2年生)

把握していません。分からないところは聞きなさいと言っているのですが、「先生に教えてもらうから構わないで」と言います。

レガシー・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

塾の話はお迎えの車の中でします。テストは点数と大まかな内容を話してくれます。宿題はいつやっているか分かりませんが、やっているみたいです。主人には話せるときに概要を報告する程度。

ひーちゃんママ・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

だいたいは把握していますが、夫婦で話すことはあまりありません。睡眠時間の確保など時間の使い方は子どもと話すことがあります。

ひーちゃんママ・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

子基本的に勉強しなさいとは言ったことがありません。上の子は干渉しすぎて失敗しましたので。出来なくて困るのは自分なので、1日2〜3時間くらいはやっているようです。疲れてやらない日もありますが、それも自分でコントロールしているので気にしません。

きーちゃん・女性(お子さんの年齢:高校2年生)

子どもの問題なので、把握していません。もちろん聞いてくれば耳を傾けますが、ほぼないです。私より父親の方が親身です。

キーボー・女性(お子さんの年齢:中学校2年生)

本人と母親からの情報で、なんとなく把握しています。
ひろふみん・男性(お子さんの年齢:中学校3年生)

ひろふみん・男性(お子さんの年齢:中学校3年生)

自主的にやっているので、月2回くらい勉強について確認をするようにしています。あとは模試の結果や通知表などで振り返ります。

たっちゃん・男性(お子さんの年齢・高校2年生)

お子さんが将来後悔しないために大切にして欲しいことは何ですか?

お子さんが将来後悔しないために大切にして欲しいことは何ですか?

今、苦しいことがあっても、今だけが全てでないことを少しでもわかってほしい。とっても小さな世界で生きているので目の前の世界が今の全てだろうけど、きっときっと大きな世界があるので、楽しみにしてほしい。

イット・女性(お子さんの年齢:小学校5年生)

あきらめない!という気持ちと、人間関係の難しさを知ること。

なつ100・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

進路をしっかり決めて、目標達成してもらいたいです。

レガシー・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

勉強は大事だと思いますが、社会に出て困らないように、コミュニケーション能力と強い精神力を身につけて欲しいと思います。

あやぷー・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

ゆっくりでもいいので、自分が将来やりたいことを見極めるよう伝えている。好きなことであれば困難があっても継続できると思うから。

かずみん・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

色々なことにチャレンジして欲しい。 勉強も大切だが友達と遊ぶのも大切! そのバランスを考えて欲しい。

tom・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

「学ぶ」こと。「学ぶ」姿勢は一生必要で大切な姿勢だと思いますので、受験などだけにとらわれず「学ぶ」ことの大切さと面白さを日々伝えたいと思っています。

いこ・男性(お子さんの年齢:小学校5年生)

将来、選択肢が1つでも多くなるように色々なことに興味を持ち、チャレンジできることには積極的して欲しいです。

yuzzum・男性(お子さんの年齢:小学校6年生)

メイコミュユーザーに聞きました!
普段、夫婦間でお子さんについて話し合いますか?

やりたいことはやらせてあげたいと常々話しています。

みゆぽん・女性(お子さんの年齢:小学校6年生)

面白い個性をたくさん持っている子どもなので、その面白さを活かせるように、過ごしやすいようにするにはどうしたらいいかな?という話をよくします。

イット・女性(お子さんの年齢:小学校5年生)

お互い忙しいのと勤務体制の違いなどで、ゆっくり話す機会がない。

とらとら・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

少しはしますが、向こうに確固たる考えはないようで任された感ありありです。正直しんどいですが、あまり教育熱心な父親でも辟易するので「まあ、いっか!」とこちらの好きなようにしています。

まる・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

主に成績について話し合います。話し合いたいのですが、主人と育ってきた環境・価値観が違い過ぎてお互いに相手の否定ばかりしてしまいます。

レガシー・女性(お子さんの年齢:中学校1年生)

普段はすれ違いが多く、話ができません。 休みが合うと、特に試験前や塾や学校で面談があった後などにはよく話をします。子どもから聞いた学校での出来事や友達のことなども主人の耳に入れておいた方がいいと思ったことは話しておきます。

あやぷー・女性(お子さんの年齢:中学校3年生)

週1回は話し合います。最近は本人が来年から習い事をしたいと言っているので、教室探しの事や勉強、学校でのことなどを話しています。

TAKA♪・女性(お子さんの年齢:小学校2年生)

子どものことは、なんでもよく話します。勉強、スポーツ、習い事、健康、友達など、とにかく何でも話しますね。

yuzzum・男性(お子さんの年齢:小学校6年生)

受験勉強での心構えややり方、人間としての成長、子どもにとっての本当の幸せは何かなどを話し合う。

たっちゃん・男性(お子さんの年齢:高校2年生)

子どもの色々な長所を見つけて伸ばそうと夫婦で話し合っている。

つるりん・男性(お子さんの年齢:小学校4年生)
ナオミ
アンケートで明らかになったのは、やはりどの家庭も大変多忙であるということ。コミュニケーションをしっかりしている方々は、お子さんについて話し合う機会を意図的につくっているようです。
また、お子さんとコミュニケーションをとろうとしていても、お子さんが反抗期ゆえにうまく会話ができない方も少なからずいらっしゃいますね。
ダイスケ
それでも将来や進路を決める際には、やはりある程度の話し合いが必要です。メイコミュではお子さんとのコミュニケーションに役立つコンテンツ「心理学の専門家に聞く!思春期の子どもがいる家庭のコミュニケーション」を配信していますので、ぜひお役立てください!

こちらの記事もおすすめ!

この記事へのコメント

5件のコメント - この記事の感想を募集しています!

プラチナのアイコン画像 ももうらさん(徳島県)
旦那とはすれ違いが多いのでなかなか夫婦間では子供の話は出来ていません。
旦那が珍しく子供と話してるなと思ったらゲームの話。

今中3なのでもっと学校や勉強の話をしてほしいです。
私は毎日怒っているので、旦那の方が子供に聞きやすいかな?とおもうのですが・・・。
プラチナのアイコン画像 むむさん(宮城県)
うちばっかり叱ってしまっている・・・・と思ってたんですが、結構みなさん叱っているということで、少しほっとしました(^_^;)
うちも夫は帰ってきたらゲームばっかりで、その点は子どもと話は合うみたいですが、こちらからしたらもうちょっと学業のことも話題にしてほしい。
同じように思っている方はやっぱり多いんですね~・・・
プラチナのアイコン画像 れいさん(和歌山県)
ゲームばかりして勉強しないのはうちくらい?とか思ってたけど、結構その事で悩んでいるママさんたちもいるんかなーと思いました。
仕事していると忙しくてなかなか話をしたりできないこともあ?けど、そのドリョクハ必要なだなと思いました。
グリーンのアイコン画像 蕎麦屋のさっちママさん(東京都)
高校一年双子男女の母です。主人が他界して来年で七年目になります。小学校頃は育てるのが必死でした。商売もしてたので、軌道に乗せるのが大変でした。不登校にもなり、学校との距離もあったり、葛藤の日々でした。相談の担当の先生からも二人になったとき、移動の電車でも少しの時間でも会話をする、今は高校生になってリベンジした息子とは学校、友達、行事の会話をしたり、成長とともに変わったなと思います。
旦那が居ない分はなるべく息子とは色々話したり、ラインで話したり、時には手紙も使います。娘もラインで話したり、共通の趣味で話したり、家族の中ではコミュケーションで会話は大切だと感じてます。
グリーンのアイコン画像 サクさんさん(神奈川県)
我が家は共働きですが、夜に帰宅すると子供がいつも沢山話してくれるので、特に意識はしてないのです。
※これが意外と長いので聞くのも大変ですけど

コミュニケーションだと思っているので、ゲームでもテレビでも友達との話でも、話の内容は特に気にしません。
主人帰宅後も、三人でゲームの話で盛り上がることもしばしば。(みんなゲーム好きなので)
あえて言うならば、よくも悪くもどんなことでも話しやすい環境を心がけているくらいでしょうか。

勉強の内容についてもその流れで子供の方から話してきます。
小学6年なので、ほとんどの事は自己管理でやらせているのですが、たまに『宿題はやったの?』と促すくらいで、ほぼ自分のペースで計画してやってくれてます。
私がユルいぶん、子供が自動的にしっかりしてくれたようです(笑)