明光保護者が集まるコミュニティ
メイコミュ

イオンエフェクター(美顔器)やQUOカードが当たる!新規会員登録キャンペーン
プリンセットが当たる!5月のメイコミュ掲示板投稿キャンペーン
 

メイコミュ情報局

心理学の専門家に聞く! 子どもの上手な褒め方

心理学の専門家に聞く! 子どもの上手な褒め方

できれば叱らず、褒めて子どもの力を伸ばしたい……。頭ではわかっていても、実際にお子さんを褒めるのってなかなか難しいですよね。メイコミュ掲示板「特別企画 ☆お子さんを上手に褒められていますか?★」では、たくさんのメイコミュユーザーに褒めることの難しさについて書き込んでいただきました。
今回、メイコミュ情報局では、法政大学心理学科・渡辺弥生教授に聞いた思春期の子どもの褒め方のコツについて紹介します。

もくじ

その1. 大切なのは反応してあげること

現代の保護者は真面目な方が多く「子どもを褒めて育てなくては」と一生懸命に努力をしていらっしゃいます。もちろん、褒めてあげることは大切です。子どもが良いことをしたらしっかり褒めてあげることで、子どもは学習し、成長していきます。しかし、毎回子どもが望むように褒めるというのはなかなか大変なこと。なんと言って褒めてあげたら良いのかわからないケースは多々あることでしょう。

そんなときはまず「何かしらの反応をすること」を意識してください。子どもの発言や行動を認識し、それを「受け取っているよ」というサインを示してあげれば子どもは安心します。
もちろん、褒めるに値する出来事があれば褒めてあげるに越したことはないですが、きちんと受け止めて、それに何かしらの反応を示してあげられれば、必ずしも子どもが期待するリアクションをしなくても良いと思います。

その2. 何に対して褒めているのか意図は明確に

褒める際は、「何に対して褒めているのか」を明確に示すことが大切です。幼児であれば「すごいね」や「素敵だね」といったシンプルなコミュニケーションでも気持ちを伝えることができますが、中高生の場合は、大げさだと捉えられてしまうかもしれません。「○○して○○になったね。○○なところに感心したよ」など、保護者が褒めようと思ったポイントや理由を明確に伝えることが大切です。無理してきれいな言葉を使ったり大仰にしたりする必要はありません。結果を指しているのか、プロセスを指しているのかも明確に言葉で伝えてあげると良いでしょう。

褒める内容は一般論に照らし合わせるのではく、保護者が主観的に「良い」と感じたことでいいのです。保護者の価値観を知っておくことは子どもにとって悪いことではありません。もし意見が食い違っていたとしても、人によって考え方が違うことに気付くことは成長のステップになります。

その3. 叱っても子どもが伸びない理由

叱るよりも褒める方が伸びる理由は、褒めるときは冷静でいることが多いからです。メッセージを的確に受け取ることができるため、記憶が強化されやすくなるのです。良い行いができているときに「今日は○○ができてえらかったね」と褒めることで「これをしたら良い」と今後すべきことを正確に学ぶことができます。

保護者が子どもを叱るときは、叱るほうも叱られる方も半ばパニックに陥っていることが多いものです。急いでいるときなどに「また靴のかかとを踏んで!」と叱っても、子どもは「叱られた」という事実だけが強くインプットされて、内容についてあまり覚えていません。これでは叱る方もエネルギーの無駄です。

きちんと伝えたいときは、お互いが冷静になっているときに伝えましょう。「○○のときは○○してね」と言った方が意図が正確に伝わります。

先生からのメッセージ

渡辺先生共働きや単身世帯が多い現代の家庭では、保護者は多忙で余裕をなくしてしまいがちです。子どもの良いところは観察しているとみつかることが多いので、褒めるポイントを見逃してしまっているかもしれません。
「靴のかかとを踏まずに履いた」、「残さずご飯を食べた」、「机の上をきれいに整頓した」、そんな些細な出来事でもまず褒めてみると、子どもは喜び、行動を改めてくれるものです。そうすれば家庭にプラスのスパイラルが回り始め、保護者にも余裕が出てくると思います。
反抗期の子どもは褒めてもあまりいい反応が返ってこないことがあるかもしれませんが、それは表に出さないだけでまんざらでもないはず。保護者側はどんと構えて子どもからのリアクションは期待せず、もう少し大人になるのを待ちましょう。

▽こちらの記事もおすすめ!

「心理学の専門家に聞く!きょうだいを比較しないで育てるには?」
http://www.meiko-community.jp/report/column/siblings.html

「心理学の専門家に聞く!思春期の子どもがいる家庭のコミュニケーション」
http://www.meiko-community.jp/report/column/child_communication.html

「いいね!」すると王冠マークをプレゼント!詳しくはこちら いいね!21
この記事の感想をメイコミュ掲示板で募集しています! 記事の感想はこちら